出版記念・講演要旨 

 神奈川県鍼灸師会で 出版記念祝賀会を計画してくださいました。
 この時の講演要旨の一部です。          2005年5月29日

           目次
          1.日本の鍼灸医学の特徴を形成した思想
          2.腹診(略)

          3.対症的な治療について(略)

       ―--◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---
1.日本の鍼灸医学の特徴
○ 外国文化の日本の受け入れ方
 「外来文化にたいする敏感さ、それが日本人のもって生まれた文化的素質の一つであったといえるであろう」、「大陸の文化の輸入、その消化とともに、自然に日本固有の文化が生まれてきたのである。これが真に日本的な大陸文化のうけいれ方であった」という表現はここら辺の事情をよく言い表わしている。
○ 医学の展開の仕方はその民族の特性にかかわる部分が大きく関与する。日本は四方を海に囲まれ、モンスーン地帯に属し、温暖な気候に恵まれ、農業が行われ、他民族に支配された経験がなく、多元的(アニミズム・多神教)な世界に住んできた。そして現実主義(即物主義)の強い民族である。と同時に、日本人は「体系的な思考」に弱いといわれる。人間界や自然界について分析し、これを重ねて原理・原則を求め、それを全体として観察し、構造的に、体系的に把握する力が弱い、といわれる。
○  「多神教の日本や中国では多元的思考法が行われ、日本人にとっては世界はただ一つではなく多数の世界がある。したがって世界の原理もただ一つではなくて複数あるということになる。例えば日本人にとっては、義理の世界とは別に人情の世界があるうえに一場面ずつ交代に出現する。日本人は眼前の場面の変化に応じて態度を変える、つまり「のりかえ」方式になる」
○ 「日本人が「体系的な思考」に弱いということである。人間界についても、自然界についても、分析を重ねていって原理・原則を求め、それを全体として観察して構造的に、体系的に把握する力が弱い。
 それを私は憲法あるいは法律の制定に見ることができるように思う。奈良時代、日本の律令が成立した。これは日本の行政法と刑法の文字的な初めての制定である。しかし、その骨格は唐律・唐令の借用であった。しかもそれを長く実行することができず、公地公民という思想は日本に根付くことなく、平安時代になると荘園の私有制へと転じて行った。また明治維新では、新時代を確立するために、民法をフランス法から、刑法をドイツ法から翻訳借用した。太平洋戦争の後では憲法を英文から翻訳し用いている。
 法律は社会生活の規範であり、その規定は社会生活の全面に及ぶはずのものである。その制定のためには、社会生活において起こり得る様々の場合を予め周到に見て取り、その成り行きに対する対応がぬかりなく見通され、処置の仕方が予め設定されていなくてはならない。したがって法律の制定には、それだけの体系的な観察力と洞察力とを必要とする。
 日本人は律令制の開始にも、明治初年の制度改新に当たっても外国の法律を借用し翻訳して使った(勿論、あまりに慣習の違うものは捨てたが)。つまり、自分自身が社会の進むべき方向を見て取り、それを組織化するのではなく、まず外国の結果をそのまま取り入れようとした。したがってそれらの諸法規の根底にあって、外国の法規を決定している根本的思考体系までは理解せず、外国で永い歴史的展開を経た成果を、そのまま形式として模倣し間に合わせようとする。したがって、折角の新法律も短い年月の内に、実行に不便を感じ、ゆるくいい加減にしていく。

○ 「日本人の思惟方法」と題する中村元博士の文章にも示唆を受けた。
 「一般的にいいうることであるが、日本語の表現形式は、論理的正確性を期するというよりは、むしろ感情的・情緒的である傾きがある。日本語は事物のありかたの種々なる様態を厳密に正確に表示しようとしないで、ただ漠然と、ほのかな感情をこめて表現する場合が多い。名詞についても単数と複数の区別が明瞭でなく、性の別もなく、冠詞もともなわない。動詞には人称や数の別がない。これらの点はシナ語と似ている。ただしこれらの文法的規定は単なる約定または慣習であり、論理的思考とは無関係であるという主張もあるので、この点はなお今後専門家の研究解明を必要とする。
 ところで、日本語に独特の情調を与えているものは、「てにをは」すなわち助詞である。それは他国語における格語尾および前置詞に相当するものであるが、単に知的・論理的な関係の表現であるにとどまらず、繊細な情意上の区別濃淡を多少ともにあらわさずにはいないという特徴がある。あらゆる種類の語および文章の中間にあって、意味の強調、注意の喚起、繊細な情意上の区別の投影などの機能をはたす。そうしてまさにその多様性のゆえに豊富な余韻を残すのである。また助動詞の数の多さ、用法の複雑さも、日本語が情意的な把捉において綿密鋭敏であることを示している。 また日本語本来の和語は、古典の文献にあらわれているものによっても明らかなように、感性的あるいは感情的な精神作用を示す語彙には豊富であるが、理知的・推理的な能動的思惟の作用を示す語彙が非常にとぼしい。和語の単語は多く具象的・直観的であるのが常であって、抽象名詞の形成が十分でない。抽象的概念を和語をもってすべて表現することは、きわめて困難である」。

○ “気”の認識の違い
  中国の“気”と日本の“気”の違い → それが色々の変化の基になった
  例えば 経絡に関する理解、経筋に対する理解、受け入れ方に違い
      望診での違い  全体治療に用いる原穴
大きな違いは気に対する態度の違いであろう。
中国の気が天地万物すべての根源、現象とみなすような壮大な宇宙論の一環として理論づけられているのに対し、日本の気は、そのような宇宙論はあまり展開されず、もっと人間にとって身近に感じ取れる感覚的なものとして捉えられてきた。また、中国の気が物質的側面を強調するのに対し、日本では気を「雰囲気」というような主観的な場の問題や「気分」というような心理状態、あるいは心身の状態を表す場合に使うことが多いようである。

○ 経絡に対する理解
・水は材ざいを具そなえるなり。万物の本原なり。諸生の宗室なり(『管子』)。
・水は地の血気にして、(その流れは)筋や脈の流通するが如きなり(『管子』)。
 土が万物の中心であることはすでに了解事項であるが、水は万物に変化する基であり、それは大地の血気であり、流れる筋や脈のようなものであるという記載である。つまり河川や地下水脈のような印象を受けるし、それが経脈を想定した基なのかも知れないという感触である。
 もちろん単一な理由から大事なことを決することはなく、沢山の伏線があって、その伏線の中には有力な医学経験があり、そうした経験が遂に経脈系への発展となったと考えるのは当然である。

 ○ 經脉の基本的な生理作用
 宇宙の気が集まって一定の基準の下に循環している状態に生を見ているので、気のめぐりが大切であった。気の循環ルートが経脈である。そこで次のような表現になる。
 「経脈は血気を行めぐらし陰陽を栄し筋骨を濡し関節を利する所以のものなり」 (霊枢 )。
 「五藏の道は、みな経隧(経脈)に出いで以もって血気を行めぐらす。血気和せざれば百病すなわち変化して生ず。このゆえに経隧を守るなり」(素問 )。
・経脉は能く死生を决し、百病を處して虚実を調するものなり、通ぜざるべからず(『霊枢』)。

 ○ 経絡批判
 経絡は古典時代の医学者の創造した偉大な産物としての評価はあるが、今日の鍼灸臨床からみて、経絡を肯定するという西洋医学的な研究は未だ出ていない。経絡は未だ証明されないし、積極的に否定もされていない。刺鍼による鍼響現象が多分経絡を想定させたのではないかという意見がある。これは臨床家からみた経絡に対する好意的な意見である。経絡を否定する者は体勢内臓反射など自律神経反射や高位中枢でのからくりが全く新しく再構築されるべきであるという。そしてたとえそれが昔の経絡のように観察されたとしても、全くあたらしい経絡であって古典に記された通りのものではない。ともあれ特定の穴と特定の症候または治療作用との関係については多く経験されているが検討十分な段階ではない。
 経絡について考える際に「気」、「陰陽」、「三陰三陽」、「五行説」などについての検討も重要なことである。これらを切り離してもなお経絡が存在するかという問いかけはずっと昔からあったものである。経絡と強く結び付いた陰陽五行説に対しては今日かなり批判的である。

 次の文章は藤田六朗博士による文章である。
 米山博久(否):経絡否定論(抄)~まず米山の把握する経絡説および経絡治療について述べ,
 1)経絡説は多少の事実に基づいているであろうが,その理論体系は別に発生した陰陽五行説を支柱として成立している。従って陰陽五行説と関連ある経絡説を承認するや否やということになる。陰陽五行説の人体適用は,方法論としても事実としても全く妥当性を欠いていると断定せざるをえない。
 2)経絡中を気血が循行するというのであるが,仮に気血を血液としても,経絡は脈管系と一部一致するが全般に一致しない。また経絡を他のもの例えば神経と結びつけ考えると,気血と経絡とは矛盾している。
 3)経絡の走行は平面的である。生命現象がこのように単純なものであれは,三部九侯の脈診で補潟を行なえば治療は成立するという結論が出てくるであろうが,生命現象はもっと立体的な統一と関連とを有していることは明らかである。
 4)虚実は見方としては面白いが,かくかくの所見は虚であり,かくかくの所見は実であるということはなく,全く直観的なものである。補寫についても同様なことが言える。
 5)気血を血脈と見れば脈診によって虚実を知るということは一応理が通る。しかし,全身の虚実を三部九侯の脈で弁別しうるということは何としても解しがたい。経絡の変動以外に病気の徴候を考えないということも少し偏見だし,脈状の変化すなわち虚実と経絡の変化すなわち虚実とが常に一致するかは疑問であり,一つの経絡中にも虚実があることも注意せねばならぬ。
 経絡治療は本治法のほかに現代医学の対症療法のような標治法がある。これを併用する場合が多いから,経絡治療は本来の経絡治療になっているか甚だ疑わしいことになる。
 補寫についても,鍼をした後に抑えば補であり,そのままにしておけば寫であり,灸を燃やし切れば補で,途中で消して寫であるとか,五行の相生相剋の理を案じて補穴・寫穴を定めるとか全く他愛ないものである。
 しかし次のようなことがよく起る。すなわち背部の刺激で浅く刺した場合は上下に,深く刺した場合は帯状に鍼響が起る。しかもこれは比較的高い確率に出てくる。これなどは前者ほ胸神経後枝,後者ほ肋間神経で説明できる。
 結論的に鍼灸は特殊作用物質を起すのではなく,微量な物理的刺激であるとしている。

もう一つは、米山博久氏が整理したものであるという。
 1)肯定論者は鍼灸医学にとって,経路説は絶対唯一のものと考えているのに対して,否定論者は経絡説に拘束されているところに鍼灸医学の停滞があるから,それからの解放こそ鍼灸研究にとって先決問題と考えている。
 2)肯定論者は治療上の便利主義によっているのに対し,否定論者は科学的立場に立っている。
 3)肯定論者は経絡に自分からの要請や創意をよみこんでいるのに対して,否定論者はありのままの経絡説を問題にしている。
 4)肯定論者は、鍼灸治療の独自性は経絡によらねば維持しがたいと考えている。否定論者は鍼灸治療の確実な進歩のためには自由な立場からなる臨床研究を行なわねばならぬと考えている。
 5)肯定論者は鍼灸古典について経絡は古人の直観による経験的なものが,本質をなすもので、その表現の素朴な形式は非本質的と見ているのに対して,否定論者はその観念性・思弁性こそ経絡の本質であって,陰陽五行説との不可分関係を指摘している。
 6)肯定論者は本治法をもって経絡治療の本質としているのに対して,否定論者は本治法は観念的操作にすぎず,標治法は実質的には現代医学的対症療法と見ている。従って経絡治療の治効は専ら標治法によるもので,本治法のみでは治効は上がらないと考えている。
 7)肯定論者は虚実と補寫は直観的現象把握とそれに対する具体的な処置法と考えているのに対し,否定論者は理論的には面白いが,複雑な生体現象をこのような形式で把握することは困難で,それは主として診者の主観に基づく決定となって結局思い込みにすぎないものと考えている。
 8)肯定論者は経絡は既知の知見とは異なった第4刺激伝導系だと主張しているのに対して,否定論者は鍼灸現象は現代医学の範疇で充分理解できると考えている。

 出典が明らかでないのが残念であるが、代田文誌氏の著述として藤田六朗氏は次の文章も引用している。影響力の大きかった先生の文章だけにすごい発表である。
  代田文誌 : 従来は経絡経穴説を肯定して,これを臨床的に応用してみて極めてすぐれた臨床的価値を有することを認め,そこに伏在する科学性のあることを知り,その実際と合う方面を取り上げて経絡経穴説の真実性を力調してきたのであるが,研究を進めるにつれて,実際と合わぬところが多いことがわかるようになり,このごろでは,実際と合わぬ方に特に力を入れて研究しているのであります。
 私は経絡経穴説の中に伏在する古人の経験的事実は大いに尊重するものでありますが,実証的であり,普遍妥当性を持つものでなければならないと思います。私はこういう立場に立つが故に経路説は一応否定すべきだと主張します。
 間中先生がヘッド帯は脊髄断区として横の系統として現われるが,経絡は内臓反射の縦に現われる系統であって,石川説による内臓皮膚連関では経路は説明できないというが、石川教室での研究では、内臓皮膚連関は、脊髄断区に現れるばかりでなく、脳神経の方へも連関するのであり、迷走神経領域や三叉神経領域にも連関が現れることを指摘し、それから、私どもの臨床的観察によれば、内臓の異和に際して現われる体表の過敏点は必ずしも経絡説によるように一経のみに現れず、いくつかの経絡上に現れるのである。

2.腹診 (略)
3.対症的な治療(略) --  頚肩腕痛について