肩こり

  

肩こりは極めて日常的な症状です。これを訴える人は非常に多く、しかも、“肩こり”を自覚する部位が人によりかなり違うし、その原因も後に見られるように違います。そして、鍼灸が得意とする領域でもあります。近年の『国民衛生の動向』の有訴者率をみても腰痛と並んで第一位にあげられています。年齢別にみても幅広く出現し、けっして高齢者特有の症状ではありません。そうしたわけで“肩こり”は日本人の国民的な愁訴といってもおかしくはありません。
 肩こりの発生機序や病態(病機の仕組み)には不明な点が多く、時折り特集される医学雑誌の「肩こり特集」を見てもほぼ全科に関係していることがわかります。肩こりを主要症候とする疾患はない上にいろいろな疾患の部分症状として位置付けられ、これが不定愁訴といわれるゆえんでもあります。こうした理由が多種多様な治療法を生み出している理由ともなっています


●肩こりの症状を整理すると次のようになります。
1 : 頚項部から肩甲上部、肩甲間部にかけておこる重圧感、不快感、軽い痛み、こり感。
2 : 肩こりが高度になるとその側の上肢のしびれを生じる。
3 : 肩こりのために感情的に不安定になったり、不眠を生じる。精神症状が高度になると記憶、集中、持続などの機能が低下し、うつ状態になることもある。
4 : 肩こりのために息苦しい。
5 : 筋の局所性攣縮が広範囲に及ぶと緊張型頭痛、便秘・下痢、食欲の低下、吐気(むかむか)、眼精疲労、のどのつまる感じ(咽喉部異常感)、胸の締め付け(胸部絞扼感)、狭心症様の痛み、手のしびれ‥‥などの自律神経症状を起こす。
●肩こりを起こす仕組み
整形外科の立場からは、肩こりは頚神経の関連痛、刺激症状のために起こると考えられていて、筋の異常緊張と虚血、疲労物質の蓄積により、また、それらが自律神経症状とも密接な関連を持っていることが指摘されています。そのほか外傷や反射的な筋の緊張を加える意見もあります。
内科(特に心・循環器、呼吸器、消化器など)からは反射、血流量の減少、筋の代謝障害によるものであるとの意見があります。つまり、動脈硬化、心のポンプ機能の低下、横隔神経や自律神経を介する反射性のものなどが推定されています。
そのほか心因性、眼、耳、鼻、歯、婦人更年期症状などとも深く係わりを持つともいわれます。

●肩こりを起こすもとの病気にはどのようなものがあるのでしょうか。
肩こりは不定愁訴の一つとして扱われその基礎疾患は多岐におよんでいます。
整形外科疾患 : 頚椎症(根症)、胸郭出口症候群、頚肩腕症候群、椎骨脳底動脈症候群(バレ-リュ-症候群)、頚性頭痛、五十肩‥‥etc
眼科,耳鼻咽喉科,歯科疾患
消化器疾患 : 胆石症、膵疾患、便秘、下痢、胆のう症、慢性膵炎。
心・循環器疾患 : 狭心症、心筋梗塞、高血圧、低血圧、動脈硬化症、大動脈炎症候群。
婦人科疾患 : 更年期障害の一症状、冷え症。
精神神経科疾患 : 精神的ストレス、うつ病、仮面うつ病。
呼吸器疾患 : 肺結核、胸膜炎、その他胸郭内疾患。
このほか不良姿勢、局所の寒冷暴露、精神的な緊張などで肩こりを起こします。

●問診 肩こりは全科に関連するため、それらの原因疾患を除外する意味から問診が大切になります。肩こりを自覚する部位・症状、初発時、原因、吐き気・嘔吐、めまい、耳閉感、頚の捻りで誘発があるか、頚の運動ではどうか、上肢の痛みやシビレがあるか、肩関節の運動はどうか、眼・耳・鼻・歯との関連はどうか、頭痛はあるか、内科疾患はあるか(特に高齢者では心疾患の一症状として訴えることも念頭に入れておく必要があります)、仕事の気苦労や精神的なストレス、体力はどうか、父母は肩こり症か、その他一般状態(食欲、睡眠、便通など)はどうか等々。
たかが肩こりに、と思われるかもしれませんが、されど肩こりです。いろいろな疾患の主要症候にこそなりませんが、それらの前兆になることがあるからです。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412