東洋医学の望診


東洋医学の望診は、西洋医学で診察する時の視診に相当します。
望診は“気”を診る診察法として、脈診とともに最も関心のもたれた診察法でした。直接、気を診るという点から、診察法としては脈診より上位に位置付けられていましたが、習得の難しさから実際には望診よりも脈診を論ずるほうが多かったように受け取れます。
望診について「生体内部の異常は自然の不思議な力によって体表に出現するものであり、それを目によって体表から、さがしもとめる診断法を望診というのである」と柴崎保三先生は『黄帝内経素問』⑬で解説し、また、「四診の一つ。視覚を運用して病人の神色、動態、体表の各部、舌体と舌苔、大小便その他の分泌物を観察して、疾病と関係する弁証資料を集める‥‥」と『中医大辞典』にもみられます。
このような解説から推察されるように、望診は視診と若干の違いを持っています。それは、形態を見て診察する以外に、病人の気の変化を見ることを大切にしたので、色沢診(色艶とその性状を観る)を重視しました。
望診の具体的な内容をみても、患者さんの動きの円滑さ、力強さなどから回復力の程度を診るという意味で脈診とともに胃気いきの強さを診る事もありましたが、もっとも関心のあった内容は、顔面に五藏六腑を配し、その部位の色調の変化を最重要事項にしていました。具体的には、その部位の色が集中しようとしているのか拡散しようとしているのか、上昇性なのか下降性なのか、濁っているか精明か、色が活きているか枯渇しているか、浮き上がって来ようとしているか、沈もうとしているか、といった具合です。望診といわずに色診(色沢診)といわれた所以もここにあります。
ここで、「胃気いき」なる単語が出てきましたが、人間が活きて行くために必要な気を循環させる原動力、といったほどの意味です。人間の恒常性保持機能は自律神経系を柱に免疫系、ホルモン系などが軸になって運営されていますが、そのバランスが大切で、それと同じような意味あいで胃気の強弱を観ることが大切にされました。
そこで「色脉は上帝の貴たっとぶ所なり。先師の傳える所なり。上古の貸季しゅうたいきをして、色脉を理して神明に通ぜしむ。‥以もってその妙を觀る‥‥則ち色脉これなり」(素問 第十三)という表現が生まれました。
このように、外形、形態から診る視診法を今日では望診と一括されていますが、色診とは自ずと一線が引かれていました。

望診は医学古典から始まったように思われていますが、実はそれ以前の中国古典にも散見されます。
「脈を切せっし、色を望み、声を聴き、形を写うつすを待たずして病の在る所を言い‥‥病の応は大表に見あらわる(『史記』扁鵲倉公列伝)
「それ内に病有る者は必ず外に色有り」(『淮南子』俶真訓)などはその例です。
人相術としてはもっと古く『春秋左氏伝』文公元年(前262)に、魯国の大夫である公孫敖こうそんごうは、叔服しゅくふくが相術に優れていると聞いて2人の子を見させた。叔服占って言うには「穀(兄)は子あなたを食やしなう--祭祝を引き継いでくれるでしょう。難(弟)は子あなたを収おさむ--死んだ後に弔ってくれるでしょう」と。さらに人相について「穀は下(顔面の下方)が豊かであるから魯国に子孫が栄えるであろう、という記録があります。
また、韓非子などにも次のような記録が見られます。
「扁鵲へんじゃく、蔡さいの桓候かんこうに見まみゆ。立つこと間しばら有りて、扁鵲曰く、君に疾有り、腠理に在り、治せずば将まさに恐おそらくは深からんとす、と。桓候曰く、寡人かじん無し、と。扁鵲出ず。桓候曰く、医の好みて病やまざるを治して以て功と為すなり、と。居ること十日、扁鵲復た見まみえて曰く、君の病は皮膚に在り、治せずば将に益々深からんとす、と。桓候応こたえず。扁鵲出ず。桓候又悦よろこばず。居ること十日、扁鵲復た見まみえて曰く、君の病は腸胃に在り、治せずば将に益々深からんとす、と。桓候復た応えず。扁鵲出ず。桓候又悦ばず。居ること十日、扁鵲桓候を望みて還かえり走る。桓候故ことさらに人をして之を問とわしむ。扁鵲曰く、疾、腠理に在るは、湯熨(温石、懐炉の類)の及ぶ所なり、肌膚に在るは、鍼石の及ぶ所なり、腸胃に在るは、火斉(飲み薬)の及ぶ所なり、骨髄に在るは、司命の属る所、奈何ともすること無きなり、今は骨髄に在り、臣これを以て請う無きなり、と。居ること五日、桓候の体が痛む、人をして扁鵲を索もとめしむるに、已すでに秦に逃のがる。桓候遂に死せり。故に良医の病を治むるや、之を腠理に攻む」(『韓非子』)とあります。(扁鵲は伝説上の名医であったといわれます)
★望診の総論としては次のような文章が見られます。
・「諸陽の会は皆面に在り」(霊枢 第四)。いろいろの変化はまず顔面に現われる。だから顔面を調べることによって諸々の生理、病態変化を知ることができる。
・「脉は気口きこうに出で、色は明堂めいどうに見あらわる」(霊枢 第三十七)。気の状態を調べるのに、脈診は気口部(=脈口部)で知ることができるが、色は顔面で知ることができる(明堂には諸義があり顔面、前額部、鼻などとあるがここでは顔面とした)。
・「五色の微診は目で察すべし。よく脉色を合せ万全たるべし(素問 第十)。文字通り五色は眼で診るが、脈診結果と併せて病人をよく観察する。
・「その外応を視て以てその内藏を知れば病む所を知る(霊枢 第四十七)。望診によって内臓を調べれば病処がわかるものである。
・「必ず先づその形の肥痩を度はかり、以てその気の虚実を調ととのえよ」(素問 第二十)。身体の肥痩を見て、気の虚実を調べなさい。
・「濇基しょくき卑ひくく高さが其の地に及ばざる者は三十に満たずして死す。その因よし有って疾やまいを加うる者は二十に及ばずして死するなり(霊枢 第六)。
濇基‥‥については諸説あり、面部の四旁の骨格が衰えて肉に及ばない、耳が卑小で肉に及ばない、顔の肌肉がおちくぼんで周りの骨が浮き上がったこと‥‥。ここでは柴崎保三氏に従って「両耳の付け根の高さが周囲一般の高さ、あご骨の付近の高さにも及ばぬ者」とする。このような人は「三十に満たずして死す」であり、理由があって病気を起こすと「二十に及ばずして死するなり」となってしまう、というのです。
★このように中国における望診の歴史は古く、また、儒教・道教などの発展も修身しゅうしん齊家せいか治国ちこく平天下へいてんか--極端な言い方ですが、天下国家を論ずるにも、先ずわが身から論ぜよ--の考えから発展した面もあって、医学だけから望診が始まったと言い切るわけにはいかない側面も持ち合わせています。
★「色澤しきたくが浮あきらか(浮潤)なるはこれを已いえやすしといい‥‥色いろ夭わるく澤たくならざるをこれ已え難がたしと謂う」素問 第十九)
・「五藏が已すでに敗やぶれれば、その色は必ず夭わるく、夭わるければ必ず死すなり」(素問 第二十)
・五官==鼻は肺の官なり、目は肝の官なり、口唇は脾の官なり、舌は心の官なり、耳は腎の官なり」(霊枢 第三十七)このような雰囲気で望診が行なわれました。
★ 望診に関係したことでは、今日でもいろいろ経験することができます。例えば、冬生まれの人と夏生まれの人では外見上に違いが見られますし、何人もいる兄弟間では長男と末生まれでも違いがはっきり見られます。同一人の皮膚の状況も体調によってかなりの違いが観察されます。このような違いは気を付けて観察するとかなり見ることができます。


松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412