東洋医学の腹診


 「陽の腹」     「陰の腹」

● 江戸時代の香川修庵(かがわ しゅうあん)という医師が「腹部を按診し以て人の強弱を弁ず可きなり」といい、近年では寺師睦斎(てらし ぼくさい)先生が「漢方の腹診とは、単に腹の病状を調べることではなく、腹の状態を通じて 全身の生命力・生活力の異常を観察することである」と書いています。この意味は腹診を行なって腹部を押さえたときにある程度の温かさと共に、腹壁(皮膚 腹筋 若干の脂肪)の厚さが有り、しなやかな抵抗があっていかにも腹腔圧(ふくくうあつ)がしっかりと強いほうが丈夫であるというのです。また、寺師睦斎先生はそのほうが生命力・生活力があるとも言っています。
● 西洋医学には腹診を実施する場合にも診断という概念があって、高橋晄正先生によると、診断は病変の部位や性質を明らかにするため、治療の計画の基礎を与えるため、経過の観察と予後の推定のため、また診断が下されるとそれに病態生理学や薬理学などの知識を適用し、治療法の設計がおこなわれ、その疾患をもっとも適応とする治療法が選択されるシステムになっている。ということで、腹診によって臓器の位置・形状そのほか現代生物学的な観察が行なわれることになります。
 西洋医学の腹診では腹部の区画、内臓の位置・形状・生理作用、腹診の行ない方などが示されていますが、これには痛みの生理などを理解する必要もあります。つまり内臓痛や体性痛や関連痛(放散痛)そして筋性防衛などについて理解し、さらに自律神経系、神経ー液性機構などについても理解したうえで実施することになります。こうした上で修練と熟練が大切になります。
● 東洋医学の腹診も歴史的には人体の各臓腑を解剖して計測した記録があり、学者によればその計測値は現在のものと基本的に一致しているといいます。しかし、それと共に外から内臓の異常を推定するための“臓象理論”が生まれました。患者さんの表わすいろいろな症状から内臓の変化を推測したのです。これを臓象といいました。そして腹力があればこの患者さんは「胃之気」があり回復力があるとか、陽腹の腹なら行動力もあるとか、あるいは呼吸の状態が下腹部まで充分に入るようであれば年齢に応じた体力があるということを推定します。さらに細かく内蔵の丈夫さに迫りその状態を推測したのです。これを臓象といいますが、それに応じて鍼灸治療を施したのです。ここが西洋医学の腹診と東洋医学の腹診との大きな違いでしょう。

『鍼道秘訣集』(御園夢分斎  16世紀)に見る腹診図


松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412