東洋医学の脈診


人迎脈口診を行なっているところ。
左は人迎部の診察。右は脈口部の診察。いずれも坐位で行なわれることが多い

私たちが触れている脈拍は心臓からの血液が流れる血柱の動きそのものを表していると勘違いされている方が多いと思いますがそうではありません。静かな池に石を投げるとその波紋が広がってゆきます。脈拍は心臓収縮期に大動脈中へ駆出された血液により生ずる波動が末梢へと伝わっておこる動脈壁の拍動を指しているのです。血柱の動きそのものを現しているのではありません。
 西洋医学での観察は頻度(脈拍数のことで頻脈と徐脈があります)、調律(リズムのことで整脈と不整脈があります)、さらに大きさ(大脈と小脈)、遅速(速脈と遅脈)、緊張(硬脈と軟脈)、血管壁の性状、左右差の有無などをみます。
 東洋医学の脈診に入る前に一例として西洋医学の脈診の頻度(脈拍数)について調べてみましょう。脈拍数の正常範囲は性や年令により異なるし、精神的或いは肉体的な条件によっても影響されていますが、覚醒状態の安静時の脈拍数は1分間に成人では男性 60~80、女性70~90、小児は出生時約130、3才までは 100を越えることが観察されています。そして睡眠中は脈拍数は減少し、成人男性50~70、成人女性60~75で、45~50程度のこともあります。スポ-ツマンでは覚醒時でも40~50程度のことがあります。また脈拍数は運動・食事後増加し、精神的な緊張や興奮でも脈拍数は増加します。1分間に100以上のときを頻脈といいますが、発熱したときによく観察されます。通常1゚Cの体温上昇で脈拍数が8/分増加するといわれます。甲状腺機能亢進症のときも頻脈になることはよく知られています。
 一方、東洋医学の脈診は次のような考え方からその重要性が説明されてきました。かつての中国では気はすべての大本であると考えられていました。人間が生きているのは宇宙の気が凝集し、その中で秩序正しく循環している状態であると捕らえたのです。この状態を一番よく表わしているのが脈であり、呼吸であると考えました。そこで脈診がほかの診察法より重要視されました。さらにこの診察法は手首などで見ることができて、腹部などを触らなくてもできる方法ですから礼教(儒教)の教えにも合致するものであり、脈診は医学の中で最も大切にされ、定着していったようです。

 気を診るための診察法である以上、脈診は人の生きざまを診る、病気より病人を診る、といわれるゆえんにもなります。良い脈診所見を現わしていれば良く生きているあらわれと考えられたし、悪い脈診所見を現わしていれば悪く生きているあらわれと考えたのです。脈の太さが適当にあり、頻脈や徐脈にならず(これを東洋医学では数脈・遅脈という)、血管壁の緊張も適当にあり、入浴すれば熱いので脈は浮いてくるし、寒ければ沈んでくるといったように環境に合った打ち方をしている脈を良しとします。もちろん鍼灸臨床では脈診によって先ず“胃之気”を診ることが大切にされました。脈の性状から回復力があるかないかを診る方法です。胃之気がある脈は、上に書いたようにごく自然な脈状を呈しているものを指します。
 このように西洋医学の脈診の目的と東洋医学の脈診の目的とは多いに異なりますが、これでお判りのように片や主に心臓や一部の血液・循環疾患の異常について調べているのに対し、片や気を診ることを通じて病人の体勢を診ているのです。
 胃之気について「五臓はみな気を胃に受く、胃は五臓の本なり。臓気は自ら動くことはできない。必ず胃之気によって経脈を流れることができる」(素問 第二十)とあり、「脈が弱(じゃく)で滑(かつ)、これ胃之気あり、なずけて治し易しという」(素問 第二十)などという記録はこの辺の消息を現わしています。
 こうしたことが東洋医学の脈診の特徴となるのですが、ここで少し難しいことに触れておきましょう。脈診のような術者の経験と勘と修練を必要とするような診察法は技能的な方法です。ということは術者の体調など、時と場合によっては診察の仕方に問題が起こらないとは限りません。いつでも安定した診方が要求されます。そうした問題に対して指摘されるのが不安定性(客観性は×、不安定さ、再現性の低さ)、検出力の低さ 、鑑別力の弱さなどの問題です。しかし、それにもましてこの診察法を体得してしまえば術者がどこへ行こうと何時でも診ることができる簡便性があります。患者さんを診て重病感を感ずるといった非科学的と思われやすい経験的な観察法とあわせてやはり無視する事はできません。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412