刺鍼の技術


● 現在用いられている鍼のもとは石針(砭石=へんせき)であった。
 現在使用される鍼はもともと石鍼から発展したといわれています。発掘された資料の中から石製の鍼や骨製の鍼が出土しています。さらに時代が下ると青銅製の鍼が用いられました。ずっと降って漢代の墓から金製や銀製の鍼が出土しました。石鍼は今日のように刺す鍼ではなく温めた石鍼で身体を温めたり、叩いたり、擦ったり、時には切開して排膿するために用いたと考えられています。その後、石鍼から九鍼へと変化したようです。九鍼とは九種類の鍼のことで、その当時としてはとても精巧に作られていたので微鍼といわれていました。九鍼は刺入しないで皮膚を刺激するものから現在用いている刺入する毫鍼、さらに排膿を目的にした切開用の鍼などがありました。さらに九鍼のうち痛みに強い毫鍼が主流になり、それが現在に至ったということが分かっています。九鍼から毫鍼へ移行したのは前・後の漢代であると考えられています。
● 九鍼から毫鍼へと移り変わった。
 石針の後に使用された九鍼には鑱鍼(ざんしん)、員鍼(いんしん)、鍉鍼(ていしん)、鋒鍼(ほうしん)、鈹鍼(ひしん)、員利鍼(いんりしん)、毫鍼(ごうしん)、長鍼(ちょうしん)、大鍼(たいしん)の九種類がありました。現在一番古い医学古典に『素問』(そもん)と『霊枢』(れいすう)という2つの本がありますが、この中にこれらの種類と形、使用目的が書かれています。九種類の中の毫鍼(ごうしん)が現在用いられています。毫鍼は「痛痺(つうひ)を取る」とあって痛みに用いられたことが分かります。いつの時代でも痛みには敏感に反応をしていたようです。
● 毫鍼の運用。   中国では“気”の医学を大切にしていたので毫鍼の目的も気を整えることにありました。そのために二種類の手法が生まれました。一つは人間全体を整える方法であり、もう一つは症状を取るための手法です。
 全体を整える方法は補瀉という技術的な手法に発展しました。病人の陰陽虚実を調べ、これを整えるべく配穴(有効なツボを選ぶ)してそのツボへ刺入する方法です。刺入に際しても気を整えるための技術を用います。この方法を補・瀉といいます。実に対しては瀉法を加え、虚に対しては補法を加えるのです。
 症状を取る治療法は病人の苦痛を取り去るための現実的な治療です。具体的には皮、肉、筋、骨のどこに異状があるかを調べその部位と深さに刺鍼するものです。
後世そうした経験をまとめて歌、賦にしています。四総穴歌、百症賦、標幽賦などといわれるのがそれです。
 一方、こうした刺鍼法もただ病人にやみくもに鍼を刺入すれば効果を出すというものではなく、いかに有効な治療法にするかということについて大変な努力がなされました。
 どこへ刺鍼すればより効果的かということと、刺入しながらどのような生体反応があった時に効果を発揮することができるかという2つの問題です。そこで経穴への研究と病気についての観察法と刺鍼技術の研鑚ということになりました。

いづれも気を大切にしたので、例えば内蔵の病変には背兪から治療しなさいとか、実には遠くから邪気を引きなさい、虚には近くにツボを求めなさいとかいったたぐいです。また、術者が刺鍼中にどのような手ごたえを感じていれば気が動いていることを確認できるか、どのようなときには気に作用していないかを臨床を通じて知ることでした。豆腐に刺すような手応えでは効いていない。刺入している鍼が絞まってくるようであれば効いている、といった具合です。これを体系化して記録されています。

話は鍼に戻りますが、針のもとは鍼の字で、金扁に咸ですが、これは感心の感、遺憾の憾、封緘の緘に通じています、つまり封じ込める意味があります。現在では針金のイメージが強いですが、もともとはそうではありませんでした。従って鍼は目的に応じていろいろな型があったようです。


松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412