東西医学を活用する

東西医学を活用する

病気の一般的な経過を示す一例

 日本の歴史の中で石坂流を創始した石坂宗哲(1770-1841)という人物がいました。彼は東洋医学と医学古典を修め多くの学生の前で講演するほどでした。後にオランダ医学を修め、鍼灸臨床する際におそらく日本で初めて東・西両医学の狭間で苦しんだ医人だと思います。しかし、その苦しみは現代にも通じるものがあります。そこで西洋医学と東洋医学の大きな違いは何かを考えてみましょう。

● 東洋医学(鍼灸)には疾患単位の考え方が希薄です。疾患概念が明白でないと、病態把握、臨床症状、治療のための大まかな指針、予後の推定、経過の観察、患者さんへの説明・対応、鍼灸治療が適応するかの判定などができなくなります。さらに鑑別診断を経て病名を決めることができません。つまり診断することができません。

● 東洋医学では疾患単位よりも全体を整え、その過程で個々の病気を解決しようとする姿勢がうかがえます。たてまえ論としてはいつでも全体を調整する行為を通じて機能の正常化をはかろうとします。これによって身体の調子が良くなりますが、それは自律神経機能(あるいは自律神経による体性-内臓反射と内分泌系や免疫系に起こる反射を含む)にかかわる部分が大きいものと考えられています。つまり病気を治し易い身体の状態につくる。そしてこのことは、あらゆる鍼灸治療の根底に位置するテーマでもあると考えられています。ここら辺のニュアンスを鍼灸医学古典でも種々説明しているのですが、それが古い表現で行われているので現代の我々にはピンとこないものがあるのではないでしょうか。天地人三才、陰陽、三陰三陽、虚実・補瀉、脾胃論、経絡・経筋系、五臟六腑‥‥皆しかりです。
 治療という立場にたてば、できるだけ早い時期に、変化の激しくならないうちに手段を講じる方が得策であることはいうまでもありません。とはいえ、これはあくまでたてまえ論であって、病気に苦しむ患者さんを前にして何らかの処置を施して、少しでも病人の苦痛を取り去ることは大切なことです。その故に治療が要求されるのです。このように〝たてまえ〟と現実とが混然とした臨床の中で、これらをどのように整理し実行するかという要請がつねにあります。
 ここで大切なことは患者さんとの共通用語は現代医学である、ということです。患者さんへの対応が今日的な用語で行なわれなくなってしまうと患者さんの社会的・経済的・肉体的な要求に対して十分な対応ができなくなります。

● 東洋医学では病名に近いものとして『証』という概念があります。
  葛根湯(特定の治療法)の証は「脈が浮で、頭項が強痛し、而して惡寒する」という病像(適応条件)です。これはある分類基準に従って決められた広義の病名ということになります。これを病名といわずに、証と呼ぶからには、それなりの理由があるからです。診断即治療といわれるスタイルをみることができます。西洋医学の診断にはこのようなことはありません。
 もちろん『証』には病名として以外に、もう一つの意味があります。
 舌証、脈証、腹証といわれる症候としての扱いかたです。

● 鍼灸ではどうでしょうか。   漢方には気血水という考えがあります。気血水のそれぞれに作用する薬物があるからです。しかし、鍼灸にはただ気しかありません。鍼灸は気に働きかけ、気は血を引いて循環させます。こうして気血がめぐって、それが間接的に水分代謝にも影響します。つまり漢方薬には気血水に作用するところからそれにあわせた理論が存在しますが、鍼灸はただ気一本槍になります。理論体系が全く違うのです。
 証についていえば、鍼には漢方薬でいわれるような病名的な証はないのです。医学古典でもその事ははっきりしています。薬物の聖典といわれる『傷寒論』には証が出てくるのに鍼灸の古典には病名的な証はなく症候(症状)の意味で用いられています。少し難しいでしょうが『素問』( 至真要大論)には「気に高下あり、病に遠近あり、証に中外あり、治に軽重あり‥‥」とあり、『難経』( 16難)には「その病に内外の証あり‥‥その外証は‥‥その内証は‥‥」として症状が上げられています。

● では疾患単位の考え方が希薄な時代に、沢山ある症候をどのようにして受け止め、整理し、臨床するかが大切なことでした。これを整理するにあたり標本理論が生まれました。もちろん標本という考え方はそれ以前の中国古典にはあるけれど、それを引用して医学に用いたのです。標本理論--生命に危険がある症候を優先させる。生命に危険がない症候なら先発した症候を優先する、というものでした。

● 共通用語は現代医学ですから、患者さんへの説明には西洋医学を用いますが、その症候の因って成立した背後には病人の全体像に迫る必要があります。従ってここには西洋医学が適応されないので、臨床の実際面では東洋医学を用いる、ということになります。

 患者さんには西洋医学的な説明と今後の見通しを説明し、臨床の実際面では西洋医学とともに東洋医学にもとづく治療を施すということになりましょう。


松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412