鍼灸の作用

鍼灸の研究は毎日のように進み、全体を効率よく説明することが大変難しくなっています。今回は日本東洋医学会 前会長である石野尚吾先生のご発表を引用させて頂きます。鍼灸治療の臨床医学的効果について大変判り易く説明されています。
石野先生のご尊父の石野信安先生にはたいへん親しくさせて頂きました。小生の師匠であった小椋道益先生とは森道伯先生の一貫堂での兄弟弟子だった関係からです。時には逆子の治療などでは易しくご指導も頂きました。
なお、鍼灸の研究に関しては全日本鍼灸学会誌も大変役立ちます。

〇 鍼灸治療の臨床医学的効果
 鍼灸にはいろいろな作用がある。現在明らかにされている鍼の作用機序のおもなものは大きく分けると,鎮痛作用,自律神経調節作用,血流改善作用,免疫系への影響などが認められている(表6)。

表6 鍼灸治療の効果
①鎮痛効果
②自律神経調節作用
③血流改善作用
④免疫系への影響
⑤その他

・鎮痛効果
①局所経穴の疼痛に対する施鍼の効果は軸索反射によって誘起される。(武重千冬)
 筋肉痛(こり)については鍼刺激による筋血管に分布しているコリン作動性の血管拡張神経作用により,サブスタンスP(痛覚に関与する),CGRP(カルシトニン→神経伝達物質→血管拡張作用)が分泌され,血流が改善し,疼痛物質(乳酸など)が排泄される。
②遠隔部位の経穴の鎮痛効果は視床下部前部を中枢とする体性・自律反射による。(武重千冬)
③低周波通電刺鍼刺激による下行性痛覚抑制系の活動により,中枢で内因性(人のからだの中で分泌される)モルヒネ様物資であるエンドルフィンが生産され,鎮痛効果を発揮する。(武重千冬)
④Gate control theory
⑤自律神経の興奮性を変化させ,そのために痛みのインパルスが局所的に修飾される。
 鍼刺激の鎮痛効果については諸説があり,いずれも今後の課題として残されているのが現状である。

・自律神経系に対する効果
 鍼灸刺激を経穴に与えると,その情報は求心性に自律神経によって中枢(脳)に送られる。中枢から内臓の機能を支配している自律神経系や,脳からのホルモン分泌をコントロールして,内臓を調節する作用(交感・副交感刺激に対する作用,局所の筋緊張をすみやかに除く作用)がある。

・血流動態に対する効果
 ①血管径の増大
 ②微小循環系血流の増加
 ③周期的血流の動揺により組織への酸素供給をより一層効果的にする(鎮痛効果の①参照)。

・免疫系に対する効果
 鍼灸をしていると病気になりにくいとよくいわれる。これは自然治癒力・抵抗力に関する免疫能の活性化が考えられる。
 免疫系への効果として,昭和大学医学部第一生理学教室の久光正は,動物実験でRA(慢性関節リウマチ)モデルマウスの関節炎症状を点数化して,症状の現われる度合いを鍼治療群と非治療群とで比較した。その結果,治療群は有意に症状の発現が抑制された。
 その作用機序はⅡ型コラーゲンに対する抗体の産生を抑制した。IL-1β(炎症をひきおこすサイトカイン=インターロイキン1β変換酵素)、産生を抑制し,次にCOX2(炎症がおこると産生される酵素)産生を抑制し,その結果,PGE2産生を抑制し,関節炎,骨破壊を抑制した。このことは鍼灸が免疫系に強く関与していることを示唆していると発表している。

 以上が現代医学的な観点から研究され,科学的なメスが入った成果であり,その作用機序も解明に向かっている。

〇 臨床上経験すること
 鍼灸の効果に関して実地臨床でよく経験することは,症状・疾患が短期間で改善が認められるものと長時間の治療が必要な場合とが認められることである。
 ①比較的短期間で効果の現われる症状・疾患にはいわゆるこり(肩こり,ぎっくり腰など),痛みの寛解,消化器系の不快感,足腰の冷え,のぼせ,イライラなどである。
 ②長期間の治療が必要なものは,体質によるもの。体質の調整・改善、すなわち気管支喘息、アトピー性皮膚炎、かぜをひきやすい、じんましん、不眠症、うつ状態、不妊症、慢性頭痛などであろう。
以上、石野尚吾:鍼灸医学入門3,からだの科学,231,p.114~119,July,日本評論社,2003.より引用させて頂きました。

鍼灸臨床する者にとって、おもしろい発表がありましたので、次に引用させて頂きます。
「眼循環と鍼灸」(東京有明医療大学 教授 安野富美子先生による研究)という論文です。自分の臨床に都合の良いような書き方に直しましたがご了解ください。それは、右側の天柱と風池、肩井と曲垣に刺鍼したところ、脈絡膜血流が10分後に最大7.5%の増加がみられた、というのです。正常眼圧緑内障をはじめ目に関する障害が多くみられるようになった近年、大変力強い発表です。
このような臨床に直結した良い研究が時々発表されるようになりました。

鍼灸の研究は毎日のように進み、全体を効率よく説明することが大変難しくなっています。今回は日本東洋医学会 前会長である石野尚吾先生のご発表を引用させて頂きます。鍼灸治療の臨床医学的効果について大変判り易く説明されています。
石野先生のご尊父の石野信安先生にはたいへん親しくさせて頂きました。小生の師匠であった小椋道益先生とは森道伯先生の一貫堂での兄弟弟子だった関係からです。時には逆子の治療などでは易しくご指導も頂きました。
なお、鍼灸の研究に関しては全日本鍼灸学会誌も大変役立ちます。

〇 鍼灸治療の臨床医学的効果
 鍼灸にはいろいろな作用がある。現在明らかにされている鍼の作用機序のおもなものは大きく分けると,鎮痛作用,自律神経調節作用,血流改善作用,免疫系への影響などが認められている(表6)。

表6 鍼灸治療の効果
①鎮痛効果
②自律神経調節作用
③血流改善作用
④免疫系への影響
⑤その他

・鎮痛効果
①局所経穴の疼痛に対する施鍼の効果は軸索反射によって誘起される。(武重千冬)
 筋肉痛(こり)については鍼刺激による筋血管に分布しているコリン作動性の血管拡張神経作用により,サブスタンスP(痛覚に関与する),CGRP(カルシトニン→神経伝達物質→血管拡張作用)が分泌され,血流が改善し,疼痛物質(乳酸など)が排泄される。
②遠隔部位の経穴の鎮痛効果は視床下部前部を中枢とする体性・自律反射による。(武重千冬)
③低周波通電刺鍼刺激による下行性痛覚抑制系の活動により,中枢で内因性(人のからだの中で分泌される)モルヒネ様物資であるエンドルフィンが生産され,鎮痛効果を発揮する。(武重千冬)
④Gate control theory
⑤自律神経の興奮性を変化させ,そのために痛みのインパルスが局所的に修飾される。
 鍼刺激の鎮痛効果については諸説があり,いずれも今後の課題として残されているのが現状である。

・自律神経系に対する効果
 鍼灸刺激を経穴に与えると,その情報は求心性に自律神経によって中枢(脳)に送られる。中枢から内臓の機能を支配している自律神経系や,脳からのホルモン分泌をコントロールして,内臓を調節する作用(交感・副交感刺激に対する作用,局所の筋緊張をすみやかに除く作用)がある。

・血流動態に対する効果
 ①血管径の増大
 ②微小循環系血流の増加
 ③周期的血流の動揺により組織への酸素供給をより一層効果的にする(鎮痛効果の①参照)。

・免疫系に対する効果
 鍼灸をしていると病気になりにくいとよくいわれる。これは自然治癒力・抵抗力に関する免疫能の活性化が考えられる。
 免疫系への効果として,昭和大学医学部第一生理学教室の久光正は,動物実験でRA(慢性関節リウマチ)モデルマウスの関節炎症状を点数化して,症状の現われる度合いを鍼治療群と非治療群とで比較した。その結果,治療群は有意に症状の発現が抑制された。
 その作用機序はⅡ型コラーゲンに対する抗体の産生を抑制した。IL-1β(炎症をひきおこすサイトカイン=インターロイキン1β変換酵素)、産生を抑制し,次にCOX2(炎症がおこると産生される酵素)産生を抑制し,その結果,PGE2産生を抑制し,関節炎,骨破壊を抑制した。このことは鍼灸が免疫系に強く関与していることを示唆していると発表している。

 以上が現代医学的な観点から研究され,科学的なメスが入った成果であり,その作用機序も解明に向かっている。

〇 臨床上経験すること
 鍼灸の効果に関して実地臨床でよく経験することは,症状・疾患が短期間で改善が認められるものと長時間の治療が必要な場合とが認められることである。
 ①比較的短期間で効果の現われる症状・疾患にはいわゆるこり(肩こり,ぎっくり腰など),痛みの寛解,消化器系の不快感,足腰の冷え,のぼせ,イライラなどである。
 ②長期間の治療が必要なものは,体質によるもの。体質の調整・改善、すなわち気管支喘息、アトピー性皮膚炎、かぜをひきやすい、じんましん、不眠症、うつ状態、不妊症、慢性頭痛などであろう。
以上、石野尚吾:鍼灸医学入門3,からだの科学,231,p.114~119,July,日本評論社,2003.より引用させて頂きました。

鍼灸臨床する者にとって、おもしろい発表がありましたので、次に引用させて頂きます。
「眼循環と鍼灸」(東京有明医療大学 教授 安野富美子先生による研究)という論文です。自分の臨床に都合の良いような書き方に直しましたがご了解ください。それは、右側の天柱と風池、肩井と曲垣に刺鍼したところ、脈絡膜血流が10分後に最大7.5%の増加がみられた、というのです。正常眼圧緑内障をはじめ目に関する障害が多くみられるようになった近年、大変力強い発表です。
このような臨床に直結した良い研究が時々発表されるようになりました。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412