鍼灸と健康に関するリンク集

服部敏良:『王朝貴族の病状診断』,吉川弘分館,1975.より引用

平安時代公卿の平均死亡年齢

平均死亡年齢
  
『公卿補任』に記された平安時代の公卿のうち、薨卒年齢の明らかなもの二百七十名の死亡年齢をみると、
 二〇-二九歳………  五名    三〇-三九歳………一三名 
 四〇-四九歳………二五名    五〇-五九歳………八六名   
 六〇-六九歳………七一名    七〇-七九歳………五七名
 八〇-九〇歳………一三名
となり、五十歳代で死亡したものが圧倒的に多く、六十歳以上で死亡したものは、全例の五〇・二パーセントを占め、全例の平均死亡年齢は、六〇・〇四歳となり、比較的長命を保ったことを知り得た。このうち八十歳以上の長命者は、
 藤原実資  右大臣   九〇歳、寛徳三年(一〇四六)没
 源 俊房   左大臣   八七歳、保安二牢(一一二一)没
 藤原懐忠  前大納言  八六歳、寛仁四年(一〇二〇)没
 菅原輔正  前参議   八五歳、寛弘六牢(一〇〇九)没
 小野好古  前参議   八五歳、康保五年(九六八)没
 藤原冬緒  前大納言  八三歳、寛平二年(八九〇)没
 藤原国経  大納言   八一歳、延喜八年(九〇八)没
 藤原頼通  関白     八〇歳、承保二年(一〇七五)没
等があり、また、三十歳以下で死亡したものには、
 藤原通基  権中納言  二〇歳、長暦四年(一〇四〇)没
 藤原基実  摂政     二四歳、永万二年(一一六六)没
 藤原通頼  大納言   二五歳、長徳二年(九九六)没
 藤原師兼  参議     二九歳、承保三年(一〇七六)没
 藤原公親  前参議   二九歳、保元四年(一一五九)没
等がある。これら公卿の死亡年齢を、この時代著名人の平均死亡年齢と比較すると、
 公卿平均死亡年齢    六〇・〇四
 著名人平均死亡年齢   六一・四
となり、あまり大差がない。しかし、これを当時の貴族女性と比べると、
 平安貴族女性死亡年齢  五二・三
 公卿死亡年齢        六〇・〇四
と、ほるかに長命である。
さらに、鎌倉・室町・江戸幕府の執権職、将軍の平均死亡年齢は、
 北条氏     四六・〇
 室町将軍   四二・〇
 江戸将軍   四九・六
であり、平安貴族が長命であった。
 さらに、鎌倉・室町時代の著名人の死亡と比較するに、
 鎌倉時代   六一・四
 室町時代   六〇・四
となり、ほとんど差を認めない。
このようにみると、平安時代貴族女性の死亡年齢の低下は、既に拙著『平安時代医学の研究』に述べたごとく、早婚、妊娠、出産等による肉体的・精神的悪影響によるものであり、また執権職・将軍の寿齢低下も、放逸な生活のもたらした結果で、みずからの生命をみずから縮めたものであり、平安貴族の寿齢が彼らに比し高かったのは当然である。
わが国人の平均寿齢は年々上昇し、最近では七十余歳となっている。寿命が延びたことも一因であろうが、その最大の要因は、乳幼時期の死亡者の減少であり、そのため平均寿齢が高くなったのである。したがって、乳幼時期を生き延びたものが、六十余歳の平均寿齢を保ち得ることは、前記の通り、平安・鎌倉・室町時代を通じ、ほとんど同様である。
この例証として、飛騨国の宮村の寺院には江戸時代の過去帳が残され、檀徒の病気、死亡年齢等が克明に記されている。これによれば、明和八年(一七七一)より慶応三年(一八六七)に至る九十七年間の全死亡者の平均死亡年齢は、男二九・〇歳、女二九・二歳となり、きわめて低い。これほ乳幼時期の死亡者が圧倒的に多いためで、全例の七〇ないし七五パーセントを占めている。したがって、この期を生き延び十五歳まで生存したものの平均死亡年齢をみると、男六〇・七歳、女五七・六歳となり、ほとんど前述平安貴族の死亡年齢とも大差のないことが認められる。
平安時代のごとき古代においても、また、飛騨国宮村のごとき寒村においても、ほぼ同じ平均寿齢を保ち得た。これを現代のごとき史上空前とも言うべき豊かな生活環境においてもなお七十余歳しか寿齢を保ち得ず、しかも八〇歳、九〇歳の高齢者が比較的少ないことを併せ考えると、人間の生存能力には自ら限界のあることを示唆するものとして、興味深いものがあると言えよう。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412