鍼灸の歴史

鍼灸医学は中国から日本へ伝えられましたが、中国では『素問』(そもん)『霊枢』(れいすう)『難経』(なんぎょう)などの医学古典が最も古いとされています。いずれも前漢から後漢にかけて編纂されました。それより前の資料としては新石器時代の石鍼や骨鍼、商・周代の玉石鍼や青銅鍼が発掘されています。
漢代になると湖北江陵張家山漢墓(こほく こうりょう  ちょうかさん かんぼ)(前188~180頃作られた)から『脈書』が出土しました。双包山漢墓出土(そうほうさん かんぼ)(前179~前141頃作られた)からは現存する最も古い経穴人形(鍼灸木人しんきゅう もくじん)が出土しました。また、湖南長沙馬王堆漢墓(こなん ちょうさ  まおうたい かんぼ)(前168年頃作られた)からは『足臂十一脈灸経』(そくひ じゅういちみゃく きゅうきょう)、『陰陽十一脈灸経』(いんよう じゅういちみゃく きゅうきょう)などの医書が出土しました。
そして河北省満城県漢墓(かほくしょう まんじょうけん かんぼ)(前104年より以前に作られた)から金鍼四本、銀鍼6本が出土しました。金鍼は現代でもすばらしいものですが、銀鍼は腐食が激しいです。

 この後、歴史を刺鍼技術史からながめると、六朝・隋・唐の時代には『脈経』(みゃっきょう)(王叔和,西晋,280頃.)『鍼灸甲乙経』(しんきゅうこういつきょう)(甲甫謐,晋,282.)『諸病源候論』(しょびょうげんこうろん)(巣元方,隋,610.)そして『千金方』(せんきんぽう)(唐,652.)『千金翼方』(せんきんよくほう)(唐,682.)などが著されました。甲乙経を調べても千金方や千金翼方を調べてみても素問・霊枢に比べて刺鍼技術について目立った進歩は見られません。
 しかし、金・元代になると『鍼経指南』(しんきょうしなん)を筆頭に、『子午流注鍼経』(しごるちゅうしんきょう)(閻明広序,撰年不詳.)、『済生抜粋』(さいせいばっすい)(杜思敬撰,1315.)、『難経本義』(なんぎょうほんぎ)(滑伯仁,1366.)など、刺鍼に関係するすぐれた古典が著されました。明代になると『神応経』(しんのうきょう)(陳会,1425.)、『鍼灸聚英』(しんきゅうじゅえい)(高武,1529.)、『医学入門』(いがくにゅうもん)( 李梃,1575.)、『鍼灸大成』(しんきゅうたいせい)(楊継洲,1601.)などの医書が著され技術的に大いに進展しました。

 日本へは日本書紀によると允恭天皇(いんぎょうてんのう)3年(414年)に朝鮮半島から、また欽明天皇(きんめいてんのう)23年(562年)に医学が伝えられたとされています。現存する一番古い医書は『医心方』(いしんぽう)(984年)で平安時代の丹波康頼(たんばやすより)によって著わされました。『医心方』はおもに隋や唐の時代の中国の医書から引用してまとめられましたが、引用した原本が既に中国にはなくなってしまい、そういった意味から大変貴重な医学書として評価されています。この後の日本での刺鍼技術史的な取り上げ方をすると、『鍼灸集要』(しんきゅうしゅうよう)(曲直瀬道三,1563.)を第一に挙げることができます。続いて『鍼道秘訣集』(しんどうひけつしゅう)(御園夢分斎,1550~1616.)があります。この書は後の日本の鍼灸医学の特徴を彷彿させるものがあります。江戸時代に入ると杉山和一による管鍼術(かんしんじゅつ)が創作されました。『杉山流三部書』(すぎやまさんぶしょ)が最も有名です。管鍼法の開発により刺鍼を簡易化し穿皮時の疼痛を少なくすることが出来ました。

一方、医学の流れを見ると、ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝えたのが1543年、フランシスコ・ザビエルが鹿児島に到着したのが1541年またはこの少しあと、最初の西洋医家ルイス・アルメイダが日本に来たのが1555年とされます。続いてルイス・フロイス、沢野忠庵(クリストファオ・フェレイラ1580―1650)らの外国医人が日本に登場するようになりました。後に現れた杉田玄白の『解体新書』(1774)は日本の医学の方向を決定的なものにしました。日本の鍼灸史を語るには話の流れを大変荒く書いてしまい、曲直瀬道三(まなせ どうぞう1507--1594)や菅沼周圭(すがぬま しゅうけい1706-1764)や石坂宗哲(いしざかどうてつ1770--1841)や明治の医師・大久保適斎(おおくぼ てきさい)、さらに昭和になってからの近代史などにも触れられませんでしたが、こうした社会的な変化を受けて日本の鍼灸は中国医学と西洋医学をミックスさせながら現在に至ったという現実があります。これは西洋医学に基づく疾患概念の受け取り方と、中国医学に基づく人間の観察法をミックスして鍼灸臨床が行われるという日本の特異性が育まれたのだと思われます。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412