狂言「神鳴」から

狂言「神鳴」から

日本で開発された鍼--打鍼法--の術式で現在に伝わるもの その狂言の詞 

LinkIconここをクリックして YouTubeで「神鳴」を視聴する


狂言「神鳴」から安土桃山時代の打鍼に関する資料
次の資料から引用しました。→大蔵流おおくらりゅう茂山しげやま千五郎せんごろう家の現行詞章。北川忠彦,安田章校注:『狂言集』(新編日本古典文学全集60),p.346~356,.小学館,2001.から引用

 <あらすじ>
 都で食いつめ、東国へ下る医師の前に神鳴(雷)が落ちてくる。しかも落ちたはずみに神鳴は腰を抜かしてしまい、そばにうずくまる男が医師だと知って治療をせよと言う。診察の結果、鍼を立てることになるのだが、大きな鍼、手足をばたつかせる神鳴に誇張と倒錯のおもしろさがある。どうやら全治してめでたく神鳴は昇天してゆく。御伽草子おとぎぞうし『不毛不死』中に医師 孫思バクと雲間から落ちた雨童子の話があり、また東国に下る藪医者やぶいしゃの例には有名な仮名草子『竹斎』がある。それらと何らかのかたちでつながりが考えられるかもしれない。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
医師 「薬種くすしゅも持たぬ藪医師やぶくすし、薬種くすしゅも持たぬ藪医師、黄蘗きはだや頼みなるらん、〔地取じどり〕なるらん。これは都に住まひ致す医師くすしでござる。この頃ごろ都には典薬頭てんにゃくのかみなどと申して上手な医師が数あまた多くござるによって、我ら如きの藪医師には脈をも取らせませぬ。承うけたまわれば東あづまは医師が払底ふっていぢゃと申すによって、これより東へ下らうと存ずる。まづそろりそろりと参らう。(舞台一巡しながら)イヤまことに、皆みな人は花の都へ花の都へと上のぼらせらるるに、某それがしは花の都を振り捨てて東へ下ると申すは、近頃本意ほんいになけれども、これも渡世のことなれば是非もないことでござる。イヤ何かと申すうち、広い眇々べうべうとした野へ出たが、これは何といふ野ぢゃ知らぬ。(あたりを見まわし)ハハア、この辺りまで参れば一天俄にわかにかき曇り、その上、神鳴が鳴るやうな。ピッカリ、(とび上がり)アア桑原、桑原、桑原、このやうな所に長居は無用ぢゃ。少しも里近くへ参らう。何とぞ里へ出づるまで何ごともなければようござるが。(橋がかりを揚幕あげまく際まで行ったところへ、中から神鳴、羯鼓を打ちながらとび出してくる)
神鳴 「ピツカリ、グヮラリグヮラリ。
医師 (びっくりし、耳を押えながら転倒して)「アア悲しや、桑原、桑原、桑原。
神鳴 「ピッカリ、グヮラリグヮラリ。
医師 「桑原、桑原、桑原。(本舞台まで転がってくる)
神鳴 「グヮラリグヮラリ、ドウドウドウ。(舞台で一回転して、どんと座る。腰をたたきながら)ア痛、ア痛、ア痛。
医師 「桑原、桑原、桑原。(耳を押えながら震えている)
神鳴 「ハハァ、今日けふは心面白う鳴りわたったが、ふと風と雲間を踏みはづいて、このような広い眇々とした野へ落ち、腰の骨をしたたかに打った。辺りに駆け上がる木もなし、これはまづ何と致そう。(あたりを見まわし、医師を見つけ)ヤイ、それにゐるは何者じゃ。
医師 「医師でござる。
神鳴 「何ぢゃ、石ぢゃ。
医師 「ヘェ。
神鳴 「石がものを言ふか。
医師 「イヤ、これは人間の病やまいを直す医師くすしでござる。
神鳴 「ハハア、すれば薮医者か。
医師 「さやうでござる。
神鳴 「身共みどもはまた神鳴ぢゃいやい。
医師 「ハア、廃忘はいまう致いてござる。(びっくりぎょうてんしました)
神鳴 「今日は心面白う鳴りわたったが、ふと風と雲間を踏みはづいてこの所へ落ち、腰の骨をしたたかに打 った。汝なんじ人間の病を直す薮医者やぶくすしならば、これへ来て某それがしの療治をせい。
医師 「イヤ、私もこれまで人間の病は直いたことはござれども、未だお神鴫の御療治を致いたことがどざらぬ。
神鳴 「おのれ、人間の神鳴のと言うて。そのつれそのような筋のとおらぬことを言うて療治をせずば、引き裂いてくれう。(両手を広げ、立ち上がろうとするが)ア痛、ア痛、ア痛。
医師 (その剣幕に恐れて)「アア、致しまする、致しまする。
神鳴 「早うせい。
医師 「それならば、まづお脈を取りませう。
神鳴 「脈とは。
医師 「総じて人間の病は左右の手で取りまするが、お神鳴には頭脈ずみゃくと申して頭かしらで取ることでござる。
神鳴 「おのれ、それほどよう知ってゐながら。アサア早う直いてくれい。
医師 (恐る恐る立ちながら)「それならば必ず鳴らせらるるな。
神鳴 「オオ、鳴ることではない。
医師 「光らせらるるな。
神鳴 「オオ、光ることではない。(医師、神鳩の頭に手をかけてるぐるまわす)何とする。
医師 「ヘェ、殊のほかの邪気でござる。
神鳴 「ホーン。
医師 「その上、お神鳴に御持病に中風ちゅうぶがござる。
神鳴 「オオ、中風中風。随分と落つるによって中風もあらう。サァサァ早う直いてくれい。
医師 「さてそれにつき、宿もとでならばよいお薬も数あまた多ござれども、ここは途中のことでござるによって、針をせねばなりませぬ。
神鳴 「針とは。
医師 (腰にさしていた鍼を神鳴の鼻の先へ突き出し)「これでどざる。
神鳴 (びっくりして)「それは何なんぢゃ。
医師 「これを痛む所へ立てまする。
神鳴 「いかな、いかな、そのやうな恐ろしい物が何と受けらるるものか。
医師 「イヤ、人間でさへ受けまするに、お神鳴が受けさせられいでは、ちと御卑怯ごひけふでござらう。
神鳴 「なるほど、人間でさへ受くるものを、某それがしぢゃというて受けられぬこともあるまい。それならば痛まぬやうに立てい。
医師 「イ 医師「まづお横にならせられい。
神鳴 「心得た。エイエイ、ヤットナ。(脇正面を向いて横になる)
医師 「それならば必ず光らせらるるな。
神鳴 「オオ、光ることではない。
医師 「鳴らせらるるな。
神鳴 「オオ、鳴ることではない。
医師 (恐る恐るそばへ寄り、神鳴の腰をさすりながら)「この辺りでどざるか。
神鳴 「オオ、その辺りぢゃ。
医師 「この辺りでござるか。
神鳴 「オオ、その辺りぢゃ。
医師 「立てまするぞ。
神鳴 「早う立てい。
医師 (鍼を神鳴の腰に当て、槌つちで打つ)「クワッシ、クワッシ、クワッシ。
神鳴 「ア痛、ア痛、ア痛。早う取れ、早う取れ。(手足をばたつかせて暴れる)
医師 「そのやうに動かせられては、鍼が曲がりまする。クワッシ、クワッシ、クワッシ。
神鳴 「ア痛、ア痛、ア痛。早う取れ、早う取れ。
医師  「只今取りまする。(両手で鍼を抜き取る)エイエイ、ヤットナ。
神鳴 「ア痛、ア痛。(腰をたたきながら座る)
医師 「して、何なにとでござる。
神鳴 「ムム、大分だいぶ心持ちようなった。
医師 「それならば、こちらへも立てませう。
神鳴 「もはや嫌いやぢゃ。
医師 「イヤ、留とめ鍼ばりと申すことをせねばなりませぬ。
神鳴 「それならば、今のやうに痛まぬやうに立てい。
医師 「こなたもまた今のやうに動かせられては、針が曲がりまする。必ず動かせらるるな。
神鳴 「オオ、動くことではない。
医師 「それならば、またお横にならせられい。
神鳴 「心得た。エイエイ、ヤットナ。(今度は地謡じうたい座のほうを向いて横になる)
医師 「それならば必ず鳴らせらるるな。
神鳴 「オオ、鳴ることではない。
医師 「光らせらるるな。
神鳴 「オオ、光ることではない。
医師 (前と同様、神鳴の腰をさすりながら)「この辺りでござるか。
神鳴 「オオ、その辺りぢゃ。
医師 「この辺りでござるか。
神鳴 「オオ、その辺りぢゃ。
医師 「立てまするぞ。
神鳴 「早う立てい。
医師 「クワッシ、クワッシ、クワッシ。(槌つちで鍼を打ち込み、神鳴が暴れること、前と同様)
神鳴 「ア痛、ア痛、ア痛。早う取れ、早う取れ。
医師 「そのやうに動かせらるると針が曲がりまする。クワッシ、クワツシ、クワツシ。
神鳴 「ア痛、ア痛、ア痛。早う取れ、早う取れ。
医師 「只今ただいま取りまする。エイエイ、ヤットナ。(抜く)
神鳴 「ア痛、ア痛。(腰をたたきながら座る)
医師 「して、何なにとでござる。
神鳴 「ムム、殊のほか心持ちようなった。
医師 「それならば、まづ立ってみさせられい。
神鳴 「慮外りょぐわい(恐縮だが)ながら手を取ってくれい。(少し尊敬し始めた)
医師 「心得ました。(恐る恐る手を取り)サア立たせられい。
神鳴 「エエ、静かにせい。
神鳴・医師 「エイエイ、ヤットナ。(止ち上がる)
医師 「何なにと、立てましたか。
神鳴 「まんまと立てた。(両足を踏み鳴らし)アラ嬉うれしや、さらば天上てんじょう致さう。(行こうとする)
医師 「アア申し申し、(袖そでを捕えて)まづ待たせられい。
神鳴 「何なにと、待てとは。
医師 「代はりを置いて行かせられい。
神鳴 「代はりとは。
医師 「総じて人間の病やまひを直しますれば、それぞれ薬礼やくれいをくれまする。お神鳴にも何とぞ薬礼を置いて行かせられい。
神鳴 「ムム、これは尤もっともぢゃが、最前も言ふ通り、ふと風と雲間を踏みはづいて落ちたことぢゃによって、何も持ち合はさぬ。許いてくれい。
医師 「イヤ、私もこれを以もって渡世致す者のことでござるによって、是非とも薬礼を下されい。
神鳴 「さてさて、これは苦々にがにがしいことぢゃ。太鼓をやれば不自由なり、この撥ばちを取らせう。(撥をさし出す)
医師 「イヤ、撥も結構ではどざれども、やはりソノ、おあしが欲しうどざる。
神鳴 「おあしとは。
医師 「鳥目てうもくのことでござる。
神鳴 「さてさて苦々しいことぢゃ。これはまづ何なにと致さう。(思案して)よいよい、そちの所を言うておけい。近日夕立の節、落ちて礼に行かう。
医師 「イヤ、それはなほなほ迷惑でどざる。
神鳴 「それならば、総じて人間といふ者はそれぞれ望みのあるものぢゃが、汝なんじは何なにも望みはないか。
医師 「それにつき、雨風はお神鳴の御自由になりまするか。
神鳴 「オオ、降らさうと照らさうと身みがままぢゃ。
医師 「それならば、この頃人間は、旱損かんそん(干ばつによってこうむる被害)のと申しては薬礼をくれず、また水損すいそん(水害によってこうむる損害)のと申しては薬礼をくれませぬによって、この後は、何とぞ旱損・水損のないやうに守って下されい。
神鳴 「それは一いち心安い(いたって御安いご用だ)ことぢゃ。して、如何程いかほど守ってやらうぞ。
医師 「いついつまでも守って下されい。
神鳴 「そのやうに限りのないことはならぬ。一年か二年守ってやらう。
医師 「イヤ、一年二年は夢の間でどざる。何とぞ万々年が間守って下されい。
神鳴 「そのやうにおびただしうはならぬ。(思案して)よいよい、某それがしが心得を以て、八百年が間守ってとらせう。
医師 「それは有難うござる。
神鳴 「とてものことに、汝を典薬頭てんにゃくのかみに祝うてとらせう。
医師 「なほなほでござる。
神鳴 「この由よしめでたう舞ひ上がりに致さう。
医師 「ようどざりませう。
神鳴 「降っつ照らいつ、(以下の謡に合せて舞う)
地謡「降っつ照らいつ 八百年がその間、旱損・水損もあるまじや。御身は薬師やくしの化現かげんかや。中風を直す医師を、典薬頭と言ひ捨てて、また鳴神は上がりけり。また鳴神は上がりけり。
神鳴 「ピツカリ、グヮラリグヮラリグヮラリ。ピツカリ、グヮラリグヮラリグヮラリ。(とび上がりながら退場) 
医師 「アア、桑原くはばら、桑原、桑原。(耳を押えながら神鳴に続いて退湯)

狂言-神鳴  おわり

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412