健康長寿の灸

健康長寿の灸

健康長寿の灸:岸田健堂:『お灸一発療法』,p.68~70,東学社,1937(昭和12年).より引用 

健康長寿の灸
足の三里 膝を直角に曲げ,母指と示指との中央を膝蓋骨の上縁中央にあて、指を眞直に伸ばして、脛骨と平行に下げ、中指の尖端の届く所明かなる圧痛点があります。
  風門 胸椎第二、第三椎間の左右各一寸五分の点。
  膏肓 胸椎第四、第五の椎間左右各三寸の点
  右の三穴に毎日七壯宛。
是れは一年中一生涯を通じて行ふぺき灸点で若し励行すれば、文字通りの息災延命をはかることが出来ます。思ひ立つたを吉日として即時に本日より開始されんことを希望して止みません。
が萬一、一年中すえるのが億劫おっくうであると云ふ人があれぼ、先づ施灸を開始してより、六週間の間は必ず毎日是れを行ふ。爾後じごは毎月月初め八日間--必ずしも月初めでなくともよいのであるが、斯かくすることが記憶の上に一番便利であらう--は忘れずにすえる。
是これだけでも、如何いかなる名医を相談役に抱かかへるより、如何いかなる名薬を持薬にするより、最上、最善の健康法である。就中なかんづく他の灸の休止中に当つても、脚の三里は最も簡単で、人手を借りずともすむ所であるから、是れだけは休まずに施行されたい。
是の健康灸の昔風のすえ方を例示すれぼ次ぎの如くである。
    三 里 (脚)     右 男 十四  左 男 十五
                    女 十五     女 十四
    風 門         右 男 十    左 男 十一
                    女 十一     女 十
    膏 肓         右 男 十八  左 男 十九
                    女 十九     女 十八

然し必ずしも斯様かような数に拘泥こうでいすることはない。一年中すえようと云ふ精進の士には、各点七壯だけで十分である。是れで一年中風邪もひかない。消化器も健全である。伝染病にかかることもなければ、時候中あたりを防ぐことも出来る。而しかも所要の時間は三点合せてせいぜいの所四五分である。一日に四分五分の暇のない人は恐らくなぃでありませう。

序ついでの話であるが、施灸と云ふのみの健康法に依った有名な長寿者、三河の農夫、満平の話を掲げて参考に資して置きます。
天保十五年辰(1844)の年九月十一日に、江戸、永代橋の架橋が落成して、開橋式が行はれた。
此日、松平伊豆守の領分、三河国寳飯郡小泉村、農満平なるものヽ一家三夫嫁が、時の渡り初めを行つて居るが、是れが珍らしい長寿者揃ひであつた。即ち次の様であります。
              満平  慶長七  壬寅年七月生     年 二百四十三
       同妻    たく   元和九 癸亥年三月生     年 二百二十二
       倅せがれ 萬吉   慶安二 己丑年八月生     年  百九十六
       妻     もん   承応元 壬辰年生        年  百九十三
       孫     萬藏   元禄八   乙亥年八月生      年  百五十一
       妻     やす   宝永四   丁亥年十一月生   年  百三十八



彼等は固より田舎の農夫で、養生らしい養生は何ら講じて居らない。お上の問に答へて、只月初め八日間一家揃つて三里の灸をすえるのみでございますと申述べてゐる。
試みに萬平一家が用ひた三里の灸と云ふのを挙げて見ると左の如くになつて居る。
         朔    二日  三日    四日    五日    六日   七日   八日
  男  右   八    九    十一    十      九     九    八     八
      左   九    十    十一    十一    十      九    九     八
  女  右   九    十    十一    十一    十     九    九     八
      左   八    九    十一    十      九     九    八     八

只余りに珍らしい事実であるから、態々煩を厭はずに詳細を記載して置いたが、何なにも此この萬平流の施灸に従う要はありません。三里の灸一年中施行の場合は一日左右七壯で結構であります。
朔日より八日の間などと云ふことは、兎角忘れ静ちになる基である。此の三里の灸点だけは、是非一億の同胞老若男女とも拳つて年中休みなく行はれたい。二十年後国民体位の低下など云ふ不祥な文字は、昭和十二年頃の国家の息ひであつたかと、只当時の人々の不摂生不健康を嗤あざわらふ記録となること、火を見るよりも瞭かであります。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412