養生訓

貝原益軒の「『養生訓』から鍼と灸に関する部分を引用



養生訓は貝原益軒(1630~1714)の有名な著書で、よく読まれています。
この著書の中に鍼と灸に関する部分があるので引用してみました。
鍼に関する部分は次の2条です。今日の鍼はり臨床と比べればもちろん仕方ないことですがよく書かれています。(鍼の治効理論は飛躍的に進んでいます。そして鍼の効用もかなり分かり活用範囲も広がっています)。

  • 鍼をさす事はいかん。曰く、鍼をさすは、血気の滞とどこおりをめぐらし、腹中の積しゃく をちらし、手足の頑痺がんぴ をのぞく。外に気をもらし、内に気をめぐらし、上下左右に気を導みちび く。積滞しゃくたい、腹痛などの急症に用て、消導しょうどうする事、薬と灸より速すみやか なり。積滞なきにさせば、元気をへらす。故に正伝或問せいでんわくもん に、鍼に瀉しゃ あつて補なしといへり。然しかれ ども、鍼をさして滞とどこおり を瀉し、気めぐりて塞ふさが らざれば、其その あとは、食補しょくほ も薬補やくほ もなしやすし。内経ないけい に、カクカクの熱を刺すことなかれ。渾々コンコンの脈を刺す事なかれ。ロクロクの汗を刺さす事なかれ。大労の人を刺さす事なかれ。大飢たいきの人をさす事なかれ。大渇たいかつの人、新に飽ける人、大驚たいきょうの人を刺す事なかれ、といへり。又また曰いわく、形気不足、病気不足の人を刺す事なかれ、是、内経の戒いましめ なり。是皆、瀉しゃ あって、補無きを謂いう 也。と正伝にいへり。又、浴ゆあみ して後、即時に鍼はり すべからず。酒に酔へる人に鍼はり すべからず。食に飽あき て即時に鍼はりさすべからず。鍼医も、病人も、右、内経の禁をしりて守るべし。鍼を用て、利ある事も、害する事も、薬と灸きゅう より速すみやか なり。よく其その 利害りがい をえらぶべし。つよく刺さして痛み甚はなはだしきはあしゝ。又、右にいへる禁戒を犯せば、気へり、気のぼり、気うごく、はやく病を去らんとして、かへつて病やまいくはゝる。是よくせんとして、あしくなる也。つゝしむべし。
  • 衰老の人は、薬治、鍼灸、導引、按摩を行ふにも、にはかにいやさんとして、あらくすべからず。あらくするは、是これ即効そっこうを求むる也。たちまち禍わざわい となる事あり。若もし当時とうじこころよしとても後の害となる

灸についてはかなりかかれています。それだけ一般的だったのでしょう。この『養生訓』よりずっと後の話ですが、有名な長寿者、三河の農夫、満平まんべいの話(1844)にもみられる様に、江戸・永代橋えいたいばし の架橋が落成して、開橋式にさいして松平伊豆守の領分、三河国寳飯郡小泉村、農満平なるものヽ一家三夫嫁が、その渡り初めを行つて居る話が有名です。今日でも大きなお灸ではなく小さなお灸なら何時でも楽に行えます。できれば皮膚に直接すえるお灸の方が効果が大きいです。糸状灸しじょうきゅう とかゴマ灸で十分です。

  • 人の身に灸をするは、いかなる故ぞや。曰く、人の身のいけるは、天地の元気をうけて本もととす。元気は陽気なり。陽気はあたゝかにして火に属す。陽気は、よく万物を生ず。陰血も亦また元気より生ず。元気不足し、欝滞うったいしてめぐらざれば、気へりて病生ず。血も亦またへる。然しかるゆえ、火気をかりて、陽をたすけ、元気を補おぎなへば、陽気発生してつよくなり、脾胃ひい調ととのひ、食すゝみ、気血めぐり、飲食滞塞たいそくせずして、陰邪の気さる。是これ灸のちからにて、陽をたすけ、気血をさかんにして、病をいやすの理なるべし。
  • 艾草もぐさとは、もえくさの略語也。三月三日、五月五日にとる。然共しかれども、長きはあし故に、三月三日尤もっともよし。うるはしきをえらび、一葉づゝつみとりて、ひろき器うつわものに入いれ、一日、日にほして、後ひろくあさき器うつわものに入いれ、ひろげ、かげぼしにすべし。数日の後、よくかはわきたる時、又しばし日にほして早く取入れ、あたゝかなる内に、臼にてよくつきて、葉のくだけてくずとなれるを、ふるひにてふるひすて、白くなりたるを壷か箱に入、或あるいは袋に入いれおさめ置おきて用もちうべし。又、かはきたる葉を袋に入いれ置き、用もちいる時、臼にてつくもよし。くきともにあみて、のきにつり置おくべからず。性しょうよはくなる。用もちゆべからず。三年以上、久しきを、用もちゆべし。用もちいて灸する時、あぶり、かはかすべし。灸にちからありて、火もゑやすし。しめりたるは功なし。
  • 昔より近江おうみの胆吹山いぶきやま、下野の標芽しめじが原を艾草もぐさの名産とし、今も多く切きりてうる。古歌にも、此両処のもぐさをよめり。名所の産なりとも、取時とりどきすぎて、のび過すぎたるは用もちひがたし。他所の産も、地よくして葉うるはしくば、用もちゆべし。
  • がいちゅうの大小は、各おのおのその人の強弱によるべし。壮さかんなる人は、大なるがよし、壮数も、さかんなる人は、多きによろし。虚弱にやせたる人は、小にして、こらへやすくすべし。多少は所によるべし。熱痛をこらゑがたき人は、多くすべからず。大にしてこらへがたきは、気血をへらし、気をのぼせて、甚はなはだ害あり。やせて虚怯きょこうなる人、灸のはじめ、熱痛をこらへがたきには、艾がいちゅうの下に塩水を多く付つけ、或あるいは塩のりをつけて五七壮灸し、其後、常の如くすべし。此このごとくすれば、こらへやすし。猶なおもこらへがたきは、初はじめ五六壮は、艾もぐさを早く去さるべし。此このごとくすれば、後の灸こらへやすし。気のぼる人は一時に多くすべからず。明堂灸経めいどうきゅうけい に、頭かしら と四肢とに多く灸すべからずといへり、肌肉うすき故也。又、頭と面上と四肢に灸せば、小ちいさきなるに宜し。‥‥

 この後、灸に関しては18条もの文章が書かれているが、略します。

 お灸をすえるときには小さく熱くないようにすえます。今日では上質のお灸ができる上に、艾もぐさのより方(ひねり方)も昔に比べたらずっとよくなっています。さらに熱あつがる人向けに(子供などにも)熱あつさよけの器具も工夫されています。もちろん艾もぐさの火が皮膚につかないようなお灸も工夫されていますが、やはり、たとえ小さくても皮膚に直接火がつくほうがより効果的です。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412