絞扼性神経障害

 

 

絞扼性神経障害は、脊髄から出た後の末梢神経が走行途上で筋膜・腱膜・靱帯・骨溝などによって形成されたトンネルを通過する部位で何らかの原因が加わり、このトンネルが狭くなり神経に絞扼(しめつけ)が生じると、そこから先へ向かう順行性の軸索流(神経線維の中を栄養の補給や末梢からの老廃物の処理のために走る輸送の流れ)や末梢から中枢側に向かう逆行性の軸索流が中断されWaller変性へと進み、しびれ感・知覚過敏・知覚鈍麻・脱力感・筋緊張・筋力低下・筋萎縮・麻痺などをきたします。これを絞扼性神経障害といいます。

だいたい犯されやすい部位は決まっていて、胸郭出口症候群、肘部管症候群、円回内筋症候群、手根管症候群、尺骨神経管症候群、モルトン病などの名称を聞いたことがあると思いますが、これらは皆絞扼性神経障害の代表的な疾患です。鍼灸臨床する立場から絞扼性神経障害を考えると、絞扼点がそのまま治療点であり、刺鍼の深度もその部位の構造で決まることなので、臨床的な面では比較的分かりやすい分野ともいえなくもありません。  

 絞扼性神経障害の一般的な臨床症状
1.知覚障害は、しびれ感、知覚過敏や知覚鈍麻が起こり、他覚的な知覚障害は神経障害の
   程度と密接な相関関係をしめします。
2.自発痛はピリピリ、ヒリヒリ、安静時に認められ、四肢の姿勢や動作により増悪・軽減しま
   す。痛みの局在は時に不明瞭で障害部の末梢側や中枢側にも認められます。
3.運動障害は、脱力感、筋緊張や筋力低下、筋萎縮を起こします。
4.自律神経障害としては、皮膚の乾燥、表皮の脱落などをきたします。
5.絞扼点の圧痛と共にTinel徴候が陽性となり、特異な肢位による自覚症状の増悪(手関節掌屈テスト、肘関節屈曲テスト
など)、阻血およびうっ血試験で陽性になります。
6.double crush syndromeとは、手根管症候群や肘部管症候群の患者は頚椎神経根障害を合併しやすい、というように、末梢神経の一ヶ所に絞扼障害があると軸索流が障害され、その神経の近位部や遠位部も障害されやすくなります。
< この項は廣谷速人先生による:『末梢神経絞扼障害』(金原出版,1997.)を主な参考にしました。>

手根管症候群(Carpal Tunnel Syndrome)
 手根管は手根骨と屈筋支帯の1部分である横手根靭帯からなるトンネルで、トンネル内の圧が上昇すると正中神経が絞扼されて症状が出現します。絞扼性神経障害の中で最も頻度が高く、女性に多く発症し、男女比は1:3から1:7~8の割合であるという報告まであります。中年の女性で手のしびれを訴え、特に夜間に増強すれば本症を考慮に入れる、といわれます。
 自覚症状は、掌側母・示・中・環指のしびれ感や感覚異常(ビリビリ・ムズムズ感)、痛み(ないしズキズキする感じ)。とくに夜間のしびれ感、痛みのために深夜しばしば目覚めるのは疾患特異的です。母・示指でつまみ動作がぎこちない。つまり、日常の家事や入浴、身じたく、字を書く、ボタンをかける、読むために本を持つ、電話の受話器を持つ、缶のふたをあけるといった動作が困難になり、庭の草むしりがしにくいといったことも高齢者では訴えます。
 他覚所見は、掌側で示・中指の末節の知覚障害が出現し、Tinel徴候が認められます。母指球筋が萎縮し、猿手を呈します。母指の掌側外転がしにくく(橈側外転は橈骨神経支配)、母指と小指の対立運動ができなくなります。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412

ああああ

ああ