四十肩・五十肩




肩関節はヒトが二足歩行を始めたために得ることができた人間の特有な形態と機能を持っています。その第一は上肢が自由になったことによる運動能です。犬や猫には見られないほど自由にいろいろな方向に動かすことができます。しかし、それだけに頚肩腕の筋肉の負担が重くなり支障を来たしやすくなったことも事実です。その第二はほかの哺乳動物とは違って鎖骨ができたり、肩甲骨の肩峰の形態が変わりました。その分だけ肩関節を動かす肩回旋筋の障害も起きやすくなったことになります。元来四つ足の動物と同じ生活だったら肩関節には6割の体重がかかり股関節は地面を蹴って前進するという働きがありました。しかし、自由に手を使って道具をあやつり作業を行えるようになった分だけ、これを支える筋肉が疲労しやすいことになりました。ましてヒトはいつでも上肢を使う筋肉を十分に使用してはいないので、長い間には肩関節の諸筋が萎縮しやすいのです。こうしたいろいろな理由から肩関節の支障が日常頻繁に起こるようになりました。
肩関節の痛みでもっとも知られているのは五十肩でしょう。50歳前後に発症しやすく、経過は肩の痛みに引き続いて動きが悪くなります。そして半年から1年半くらいで自然寛解する経過が観察されています。若い人では腱板炎や長頭腱炎などがあります。若者のこうした病気では肩関節を動かすことはできますが、その途中で痛みを伴ないます。もっともスポーツによって肩関節の脱臼や、鎖骨の骨折なども見受けられますが、この時には肩関節の形態に変化が起こるので視診で観察すれば判断できます。
近年、高齢者が多くなり、仕事や姿勢の関係から腱板の障害が多く見られるようになりました。.腱板の障害に対しては以前から鍼灸治療が頻繁に行なわれています。

さて概論はそのくらいにして病気について考えてみましょう。
肩関節痛を考えるとき、まず五十肩が思い浮ぶでしょう。五十肩には広義の五十肩とその中で狭く限定された意味の狭義の五十肩があります。広義の五十肩に含まれる疾患には長頭腱炎、腱板炎、石灰沈着性腱板炎、腱板断裂、肩峰下滑液包炎、狭義の五十肩などがあります。いずれも頻度の多い病気です。しかし、肩関節痛を考えるときには、いつでも変形性頚椎症(殊に神経根症)、慢性関節リウマチ、変形性肩鎖関節症、翼状肩、肉離れ、捻挫、肩周辺の絞扼性神経症(肩甲背神経、肩甲上神経、腋窩神経、鎖骨上神経)など、しかし、若い青年層では骨肉腫などの重い病気にも考慮し、また、五十肩の周辺疾患をも考慮しないわけにはいきません。

●腱板炎
腱板は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋が集束して形成されます。とくに障害されやすい腱は棘上筋腱で、人間が立位生活を行うようになってから上肢を支えるために絶えず緊張が加わってきました。腱板は上肢の運動に際して烏口肩峰アーチと上腕骨頭との間をくぐって狭い場所を移動しています。血液循環が悪い所なので加齢的変化も進みやすく、腱板の炎症やそれに続く肩峰下滑液包炎を起こします。その結果、肩の疼痛を起こします。
上腕骨の上方に大結節という骨の高まりがあり、その周囲に痛みがあり、上肢の外転、外旋時に際して痛みを伴いますが肩関節の拘縮を起こすことはありません。特に外転動作に痛みをともない、三角筋の前・中枝にまで広範に痛みを伴うことがあります。若年者では疾患独自の臨床像を呈しますが、50才前後では五十肩に罹患する年齢層と重なり、腱板から肩峰下滑液包、関節包へ炎症が広がり、肩関節の拘縮につながって行きやすい傾向があります。大結節に圧痛が認められ、有痛弧症候が陽性になります。そして鍼灸治療によって著効を得ることが多い疾患です。

●五十肩について、患者さんのの表現を借りると、数ヶ月前から徐々に痛くなりはじめ、孫を抱き上げようとした瞬間、肩にすごい痛みが走り、あわてて孫を降ろしたが、それいらい痛みのために深夜まで寝られなくなり、明け方には痛みで目が覚めてしまう、という状態になります。この状態がしばらく続いた後、睡眠が少しづつ取れるようになるのですが、今度は肩の動きが徐々に悪くなってきます。手を後ろに回せない、後ろでエプロンを結べない、手が挙がらない、後頭部で櫛 くし が使えないなどの症状が出現します。そうして痛みが徐々に下火になりますが、それでも雑踏のなかで肩がぶつかったり、不意に手を挙げてしまって、すごい痛みが起きて、うずくまってしまったり、ひどい人では気を失いそうになるとも言います。そして動きがどんどん悪くなるのとは逆に、痛みは少しづつ改善され、痛みが和らぐので、肩の動きは悪いながら、日常生活はなんとかしのげるようになります。改善する期間も月単位でごく徐々に回復してきます。そしていつの間にか意識から消えて行きます。この全期間が大抵1年以上続くわけです。とはいっても若干の障害をその後も引きずっている事が分かっています。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412