膝関節痛


 右ひざの前内側を見る    右ひざの前外側を見る



膝関節の主な働きは屈伸運動であると同時に、膝関節は荷重関節であることからさまざまな屈曲角度で荷重に耐える十分な関節の安定性が要求されています。関節の可動性と安定性の両方を満たすため、その形態は複雑で、また靭帯、関節包などの軟部支持組織が発達しています。この膝関節が障害を起こしやすいのは、膝の安定性がもっぱら靱帯と半月板および筋による動的安定性に頼っている上に、膝は下肢の中心で外力にさらされやすく、体幹や足に加わった外力が作用するときのレバーアームが長いからであるとされます。
このような観察は東洋医学でも経験していたらしく、「膝は筋の腑」(素問第十七)という記載が有り、臨床する上で大切なヒントを提供してくれます。
●膝関節の症状は毎日の生活に質の低下をまねきます。ここに書いた文章は過去の私の通信文で、後輩への文章ですからどちらかというと西洋医学的な表現が多くなっていますし、治療のことなどは略しました。
「‥‥右膝だけの局所症状で一般状態は健康な女性です。身長150㎝体重60㎏60才の女性‥‥問診で特別に注意すること(スポ-ツ外傷、職業など)や、際立った原因がなく、今までの経過が増悪寛解型で、”立ち上がり、階段の昇降、正座、歩きはじめ、歩行、”などに際して痛みを伴うとなると、まず変形性膝関節症と考えて治療します。
変形性膝関節症そのものについて書くのを忘れました。
変形性膝関節症は一応、内側型 外側型 膝蓋大腿型 混合型に分けられています。これらの内 内側型。膝蓋大腿型が多くみられます。
変形性膝関節症の重さ、程度としては、歩行時に外反動揺があるかどうか、歩行距離が500㍍以上大丈夫か (駅から鍼灸院まで、電柱の数などで)。
診察時には屈曲変形・内反変形の程度、屈曲痛(腹臥位で)・大腿周径・ヒポトニ-(筋緊張減退)の程度も診ておくと良いです。STテストでガタつきます。
変形性膝関節症の内側型では、膝を外反して痛みが出やすいし、内側裂隙に圧痛が出やすいことでしょう。もちろん、内反変形や動揺歩行がこのタイプの特徴となります。膝蓋大腿型ではやはり膝蓋圧迫テストが出やすいです。圧痛も膝蓋骨の周りに出てきます。」
●さてこれからが鍼灸治療です。西洋医学的にばかり書きましたが、鍼灸はそれほど生体に強い作用がないだけにいかに効果的に治療を施すかが大切になります。東洋医学ではご存じの通り病名診断というわけではなく、患者さんの西洋医学とは違った側面の観察が大切になります。そして、これに続く鍼灸治療へということになります。だからこそ患者さんには無理なく効果を発揮してくれるのです。いつでもこのように二重の観察を強いられていることになります。
●いずれの場合でも内反変形、外反変形の程度がひどかったり、筋力が弱く、大腿周径の左右差が1~2㎝以上もれば、それだけ治りが悪いであろうと想像します。経過についてもかなり気にしますが、大体こんな調子でやっています。

●もし20代、30代のあまり太っていない若者で、スポ-ツなど外傷が原因で発症した膝の痛みであれば靭帯、半月板、筋肉痛、筋断裂など軟部組織の異常や骨折などを疑います。それぞれの診察法が適応されますが、靭帯には内反・外反テスト、アプレ-テスト、前・後方引出しテスト、などを用い、半月板ではステインマン・テスト、マックマ-レ-テストなどを用い、筋肉痛や筋断裂では弱い力で触診します。いずれも圧痛は大切です。骨折ではひどいときには熱がでますし、時に出血を伴ったり、鋭い圧痛を伴います。
●小学生でオスグッドやラ-セン・ヨハンセンなどでは問診でかなりの見当がつくし、そんな時にはよく触診をして形態的変化を観察します。もし、持続性の痛み、それに夜間痛まであれば骨髄炎なんかも脳裏に浮かびます。そのようなときにはヤバイですからすぐに医療機関に紹介します。
●以下はスポーツとは関係ありませんが、
70~80才ぐらいの女性で、ある晩に突然膝が痛くなり、その後徐々に痛みは無くなったけれども正座、立ち上がり、階段の昇降‥‥などのときに痛いといえばたいてい特発性の骨壊死を起こし、引き続いて関節症に移行したものと想像しています。
膝が腫れていて膝蓋跳動があれば関節液が炎症のために増えているのでしょうが、関節包の肥厚があって膨れているのであれば慢性的な物と考えて「この腫れは引かない」といいます。

○ 不適応のものを除外する(安静時痛、夜間痛、痛みが持続性でしかも増悪してくるもの、医師の注射によって悪化したもの、他の全身症状を伴っているもの‥‥)。
○ 問診によって出来るだけ病態にまで迫れるようにする。そして問診、診察を行う。生活指導と治療と経過観察をする。病態把握が出来ないとその後がどうにもいけません。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412