腰痛




●腰背痛の一般的な理解として、痛みのために背腰部局所の筋緊張が起き、筋の緊張がその部位の循環障害を招来し、続いて筋肉の疲労を起こし、その結果疲労物質による知覚神経の刺激が痛みを起こします。こうした基本的な疼痛に加えて脊柱の関節の痛みが起きたり、脊柱から出る脊髄神経の炎症が加わったりして痛みは腰痛の種類によっていろいろな訴えになります。
腰痛に鍼灸が効果を発揮する理由も種々ありますが、一般的には次のように考えると分かりやすいのではないでしょうか。先ず鍼灸治療を加えると局所の 循環が改善されるとともに筋の緊張が緩みます。するともともとの 筋力が発揮されるようになり、筋力強化につながります。同時にこうした変化はその部位を支配する知覚神経の非刺激性を整えてくれます(閾値を上げる)。その結果疼痛が除去されてくる、というものです。もちろん筋肉が調えば腹腔圧も高まり体幹を支える力も強くなって、それがさらに脊柱の起立筋を助けることになります。
不明の腰背痛の殆どが脊柱と起立筋のアンバランスによる疲労現象から来るといわれますが、鍼灸が効果を発揮する説明とまさにぴったり合致します。
●診察に際しては、解剖学的な位置関係を把握し、問診を十分に行うと共に患者さんの指し示す苦痛を感じる部位を注意深く観察することが大切です。その上で必要な診察を行います。
●腰痛の個々の事例についてもう少し突っ込んで調べると次のようなことが起きているのです。
先ず腰痛の疼痛部位と周囲組織との関係は、腰椎椎間関節や椎間板に起因する腰痛といっても、その病気の仕組みは非常に複雑であり、主因が椎間関節や椎間板の髄核や線維輪であっても、その周辺の筋肉、筋膜、靭帯等の深部組織も同時に痛みの発信地になり得ます。同時に、常に気を付けなくてはならない症例として内臓性腰痛や癌転移に伴う腰痛があることを忘れることはできません。
内臓性腰痛(消化器、泌尿器、婦人科疾患などに起因する腰痛)の場合には精査を進める必要がありますが、腰痛以外の随伴症状についての問診が大切です。例えば腹痛、排尿異常、不正出血。疼痛が脊柱の運動に関係無く、また安静によっても軽減しない、さらに夜間痛がある、などの時には要注意になりますが、これは問診を十分に行うと見つけることができます。また、癌転移による腰痛ーー前立腺癌や乳癌などからーーの場合には、安静によって痛みが軽快せず、運動によって増悪しない、そして痛みが進行性(持続性の痛み→ 拍動性の痛み)であるといった特徴が見られます。



腰殿部痛を訴える病気には次のような種類が見られます。
 1.腰部打撲・捻挫      2.椎間関節性腰痛 <椎間板の線維輪の断裂を含む>     
3.筋・筋膜性腰痛    4.変形性脊椎症    5.脊椎分離・すべり症
 6.腰椎椎間板ヘルニア 7.椎体圧迫骨折      8.脊柱管狭窄症      
9.梨状筋症候群    10.姿勢性腰痛       11.仙腸関節障害      
そして 11.内臓性腰痛や   12.癌転移による腰痛などがあります。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412