鍼灸治療の概略

鍼灸医学は今から約三千年前に中国に発し、約千五百年前に日本へ伝わりました。古い経験と永い歴史により、身体の表面に選び出された経穴(つぼ)は身体内に何か異常があると皮膚の特定な場所に反応があらわれることを集大成したもので、現代医学からみてもすばらしい発見です。この“つぼ”に鍼・灸をして、病気に対処するのです。2年ごとに国際学会が開かれ、また、日本をはじめ世界の各地で毎年鍼灸学会が催され、研究は盛んに行なわれています。鍼灸治療の理論も大変きめ細かになりました。

  • 当院の治療方針
    • 一般的には苦痛のある部位だけを治療するのがたてまえですが、当院では東洋医学と西洋医学にもとづいた治療を行なっていますから二種類の方針で治療します
    • -つは直接苦痛のある部位の治療。もう-つは全体的な身体の調整を目的とする治療です
    • 人間には安定した状態を保てるように恒常性保持機能が備わっています。自律神経系、ホルモン系、免疫系の3つを軸にした連携で営まれますが、特に自律神経系が主体を果たします。いろいろな刺激に対応して交感神経系・副交感神経系の二重支配を通じて人間の緊張性を整えています。はり灸治療はこの系に上手に作用して全身反応と局所反応を円滑に引き出します
    • 鍼・灸が最近、脚光をあびるもう-つの点は、たんに病気をよく治す事ができるという以外に“生命力を強化”し得るという点です。“生命力の強化”なんて非科学的な表現のように聞こえますが、これは実に大切な内容をふくんでいます。健康管理のために定期的な治療をうける意義もここにあります。必要に応じて生活指導を行ないますが、よく守って下さい。
  • 反応および副作用
    • 人によっては治療の後に一時的にいろいろな症状が出てくることがあります。これを東洋医学では「瞑眩」(めんげん)といってむしろ効果の現われる証拠とされますから、時がたてば必ず良好な効果を期待することができます。薬物におけるような副作用、習慣性などは皆無であり、他の治療にくらべてすぐれた点です。
  • はり(鍼)は痛くありません
    • 皮膚の痛みを感じる神経はごく浅い所にありますから、ここを一気に通りすぎれば、あとは痛みは全くありません。そのために鍼管を用いて無痛にすることができます
    • 灸は小さく、やわらかくひねると低温で治療ができます。さらに、そのわきに指をおしあてると、あつさを感じなくなります。このごろでは、あとの残らない。あつくない温灸も沢山開発されています。
  • 問診は良い治療のもと
    • 鍼灸臨床の流れは問診・診察・病態把握・適応の判定・治療方針・経過観察・患者さんへの説明あるいは対応といった内容が含まれますが、いづれも大切な臨床の流れです。その第一歩が患者さんとの初対面にもなる問診です。ここではじめて対面する患者さんとのコミュニケーションがはかられます。一日も早く病苦や疲労から立ち直れることが大切ですからお互いに協力しなくてはなりません。そのための第一歩が問診です。
  • ユニークな治療
    • 不自然になる一方の生活環境は新しい「現代病」「慢性病」「ストレス病」を生みました。生活習慣病です。同時に今までの薬物、外科療法に代ってより自然な治療法が求められています。東洋医学独特の「気」を基にした脈診、腹診、背診、視診などと共に、西洋医学の疾患単位に基づく考え方を取り入れ、はり・灸で身体の自然治癒力を高める治療に心がけています
  • はりの消毒・滅菌
    • ディスポーザブル鍼の使用はもちろんですが、従来から用いられている鍼の良さもあります。そのために鍼の再生も必要になります。それには超音波洗浄 → グルタラール製剤による薬液への浸漬(しんし)<消毒より → 殺菌 → そして滅菌へ > → さらに オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)という行程を行ないます。また、オートクレーブの使用ができない材質についてはEOGガス(エチレンオキサイドガス)滅菌を行ないます。このように消毒、滅菌については二重三重に行なっていますが、いづれの方法もWHO(世界保健機関)で認められた方法です。
  • スタッフの研究会
    • スタッフ一同たえまない勉強を行っています。当院では毎週月曜日が当てられています。基本的な勉強会であったり、かなり高度な内容であったり、時には技術的な研修であったり、かなりバラエティーにとんではいますが、これらが複合されてはじめて臨床が成立することを考えると重要な部門の一つです。

松本治療所(横浜市・港北区・東急線妙蓮寺)は
東洋医学(鍼灸)と西洋医学の双方からのアプローチを治療方針としております


〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-42-20
院長  松本 弘巳   Tel 045-401-3412